天海祐希、セクシーな黒ドレスでH・ジャックマン最新主演作のプレミアに登場

最新ニュース

『リアル・スティール』ワールドプレミア
  • 『リアル・スティール』ワールドプレミア
  • 『リアル・スティール』ワールドプレミア
  • 『リアル・スティール』ワールドプレミア
  • 『リアル・スティール』ワールドプレミア
  • 『リアル・スティール』ワールドプレミア
ハリウッド随一のヒットメイカー、スティーヴン・スピルバーグとロバート・ゼメキス製作指揮で贈る感動巨編『リアル・スティール』のワールドプレミアが10月2日(現地時間)、ロサンゼルスのユニバーサル・スタジオにて行われ、主演のヒュー・ジャックマンを始め、豪華メンバーがレッドカーペットに集結した。日本からは、本作の日本語吹き替え版でヒロイン・ベイリー役を務めた天海祐希が特別招待を受け参加! ハリウッド実写映画の声優に初挑戦した天海さんは、ベイリー役のエヴァンジェリン・リリーと対面し、お互いを称え合う一幕も。

人間同士ではなくロボット格闘技が主流となった世界を舞台に、人生に挫折した男の再起を賭けたドラマと、父と息子の絆を描いたヒューマン・ドラマ。世界中から250人のメディアが集結する中、劇中で激しいバトルを繰り広げる“ATOM”を始め4体のロボットが登場し会場を沸かせた。そして、ヒュー・ジャックマンらがレッドカーペットに姿を現すと、駆けつけた2,500人ものファンは大熱狂に包まれた。

本作で、夢に破れた元ボクサーの父親を演じたヒューは、実生活でも2人の子供をもつ良き父親だが、本作について「国境も年齢も超えて、世界中の全ての人たちが観て楽しめる映画だよ。自分の母、妻、2人の子供にも見せたけれど、みんなすごく楽しんでくれたよ。かっこいいロボットが登場するアクション映画としての醍醐味もさることながら、父親と息子、そこにベイリーを絡めた人間関係が、感情豊かに描かれているハートのこもった感動的なお話で、とても素晴らしい映画だよ」とアピール。さらに、日本のファンに向けて「オハヨウゴザイマス、ヒュー・ジャックマンデス。みんな『リアル・スティール』を映画館で楽しんで下さいね!」とメッセージを贈った。

これに続き、ヒロイン役のエヴァンジェリンからは作品について「ほかのどの国の人たちよりも、日本の人たちが一番好きだと思います」という太鼓判も。初対面となる天海さんから「あなたの演技は素晴らしかった」と声をかけられると、「あなたは本当に美しい! きっと素晴らしいベイリーだったに違いない。必ず日本語版を観るわ」と称賛を贈った。天海さんもこの大舞台を存分に満喫した様子で「世界中のプロフェッショナルな方々が集まったイベントで楽しめました。この作品に参加しているみなさんは、どんな小さなことでも“楽しさ”に変えてしまう。そんな方々が作った『リアル・スティール』を観て、この世界に浸ってほしいです。男性だけでなく、女性にも必ず何かを感じられる映画です。本当に思わず泣いてしまいますよ」と語った。

ヒュー扮する父親とロボット格闘技を通して絆を深めていく息子役を熱演したダコタ・ゴヨも熱狂に包まれたレッドカーペットを前に大興奮の様子。父親役のヒューについては「とにかく最高に素敵な人だよ。本当にラッキーだった。2人で撮影現場の近くのデトロイトの遊園地に一緒に行ってジェットコースターに乗ったりもしたよ」と笑顔でふり返りった。実は、劇中で日本語のセリフにも挑戦しているダコタくん。「僕の日本語のセリフはそんなに大変でもなかったよ、すごく短いセリフだったからね」と余裕の表情を見せたが、気になるそのセリフとは? それは観てからのお楽しみ。

『リアル・スティール』は12月9日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top