オダギリジョー、チャン・ドンゴンとの格闘ふり返り「韓国に入国できなくなるかも」

最新ニュース

第16回釜山国際映画祭にて(左から)チャン・ドンゴン、ファン・ビンビン、オダギリジョー photo:Ayako Ishizu
  • 第16回釜山国際映画祭にて(左から)チャン・ドンゴン、ファン・ビンビン、オダギリジョー photo:Ayako Ishizu
  • 第16回釜山国際映画祭にて photo:Ayako Ishizu
  • 第16回釜山国際映画祭にて photo:Ayako Ishizu
日本、韓国、中国のスター共演で話題を集めている『マイウェイ 12,000キロの真実』の記者会見が10月8日、釜山市のセンタムシティCGVで行われ、主演のオダギリジョー、チャン・ドンゴン、ファン・ビンビンらが出席した。映画は『ブラザーフッド』、『シュリ』のカン・ジェギュ監督による、第二次大戦中の実話を基にした人間ドラマ。現在編集中ということで会見の冒頭、10分間のメイキング映像が披露された。マラソンランナーとしてライバル関係にあった二人の男が、ソ連軍の捕虜となり、敵対しつつもお互いを助け合い、戦場を生き抜いていく姿を描いている。

8か月におよぶ撮影の苦労を聞かれたオダギリさんは「全てが大変だったと言ってもいいですが、戦場の場面よりも、ドンゴンさんとの格闘シーンのほうが大変でした。本番で本当にドンゴンさんの顔を殴ってしまい、『韓国一のスターの顔に傷をつけてしまったら、どうしよう? もう韓国に入国できなくなるかも』と慌てましたよ」と語り、ドンゴンさんは苦笑い。

ドンゴンさんは「オダギリさんとは、あまり言葉の壁を感じませんでした。オダギリさんは本当に誠実な役作りをする方。マラソン大会に実際に出場をされて、驚きました」と裏話を披露すると、オダギリさんは「マラソンの練習を始めたら意外に面白くて、大会にまで出場してしまいました」と笑顔で語った。

第16回釜山国際映画祭は14日(金)まで開催中。『マイウェイ 12,000キロの真実』は2012年1月14日(土)より全国にて公開。

《photo / text:Ayako Ishizu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top