香川照之“あこがれの人”と対面し「早く俺を逮捕してくれ」

最新ニュース

「刑事コロンボ」日本語吹き替えアフレコにて
  • 「刑事コロンボ」日本語吹き替えアフレコにて
  • 「刑事コロンボ」日本語吹き替えアフレコにて
  • 「刑事コロンボ」日本語吹き替えアフレコにて
  • 「刑事コロンボ」日本語吹き替えアフレコにて
  • 「刑事コロンボ」日本語吹き替えアフレコにて
  • 「刑事コロンボ」日本語吹き替えアフレコにて
俳優の香川照之が10月10日(月・祝)、都内スタジオで人気TVシリーズ「刑事コロンボ」最終話の日本語吹き替えアフレコを行った。今年6月に亡くなったピーター・フォークさんが主演した人気推理サスペンス全69話をHDニューマスターの高画質で完全ブルーレイ化。香川さんは第69話目にあたる「殺意のナイトクラブ」で、犯人役としてゲスト出演した。

学生時代から「刑事コロンボ」が大好きだと言う香川さんは、原作本をコレクションするほどのコロンボ通。それだけに初の実写アフレコ挑戦も「二つ返事で快諾させていただいた」のだとか。実は、最終話は唯一、日本語吹き替え版が制作されていなかったエピソード。というわけで、2代目コロンボを務める声優で俳優の石田太郎が、10数年ぶりにコロンボ役に復帰し、香川さんと一緒にマイクに向かった。

もちろん、香川さんは“あこがれの人”との初対面に大興奮。「ご本人の声を生で聞いた瞬間、『早く俺を逮捕してくれ』って思いました」と犯人役にも関わらず、あっさり自首? 実際のアフレコは「いやー、こんなに大変だとは。他人(実際に演じている俳優)のタイミングに合わせるのがとにかく難しい」と実力派俳優・香川さんにとっても、苦労の連続だったようだ。

一方の石田さんは「コロンボが大好きとあって、作品が持つ特色を承知してくれていた。初めての経験で最初は戸惑いもあったみたいだけど、すぐ『演じよう、演じよう』っていう具合に役柄に同化していた。さすがは若き名優だね」と大絶賛。さらにコロンボの口調で「いやあ、うちのかみさんが、あなたの大ファンでね。サインをもらってくるよう頼まれているんです」と“サービス”する場面も。香川さんは「フォークさんが亡くなったのは残念ですが、石田さんが実写で“日本版コロンボ”を演じては?」とファン目線の提案で、大先輩に敬意を払っていた。

「刑事コロンボ コンプリート ブルーレイBOX」
価格:71,400円(税込)Blu-rayディスク全35枚組(69話収録)
発売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
発売日:12月2日(金)
《text:cinemacafe.net》
page top