「三谷幸喜映画祭」に深津絵里、綾瀬はるか、妻夫木、佐藤浩市ら14名がズラリ

最新ニュース

三谷幸喜生誕50周年記念大感謝映画祭にて
  • 三谷幸喜生誕50周年記念大感謝映画祭にて
  • 「三谷幸喜生誕50周年記念大感謝映画祭」 妻夫木聡
  • 「三谷幸喜生誕50周年記念大感謝映画祭」  綾瀬はるか
  • 「三谷幸喜生誕50周年記念大感謝映画祭」 三谷幸喜監督
まもなく5作目の監督作『ステキな金縛り』が公開となる三谷幸喜の生誕50周年を記念して10月11日(火)、開場100周年を迎える帝国劇場にて「三谷幸喜生誕50周年大感謝祭映画祭」が開催! これまでの三谷作品を彩ってきた錚々たるスター14名がレッドカーペットを歩き、祝福のコメントを贈った。

出席したのは三谷監督と佐藤浩市、妻夫木聡、綾瀬はるか、小日向文世、伊吹吾郎、役所広司、近藤芳正、伊東四朗、深津絵里、西田敏行、竹内結子、木下隆行(TKO)、浅野和之、山本亘。ひとりひとり、三谷監督が選んだテーマ曲に乗って舞台に登場し、三谷監督へのメッセージやエピソードを語った。

最初に登場した佐藤さんは三谷監督について「最近では酒も飲めないのに白金のバーで『映像とは何ぞや?』と語っているとか」と暴露。「勘違いするなよ、三谷幸喜! 小さくまとまるなよ、三谷幸喜!」と辛口エールを贈った。続いてなぜかNHKの大河ドラマ「天地人」のテーマ曲で登場した妻夫木さんは、『ザ・マジックアワー』に出演することになったきっかけについて「『THE 有頂天ホテル』を観たときにひとりだけスタンディングオベーションをしたんですが、それが良かったらしいです。何でもやってみるものですね(笑)」と明かした。

今回の『ステキな金縛り』で初めて三谷作品に出演した竹内さんは「このイベントは何なんでしょうね…? どこぞの国の首相の就任かとポカンとしてます」と困惑気味。映画で3作、さらに舞台「オケピ!」にも出演するなど三谷作品の常連である小日向さんは、NHKの生放送で三谷さんから「おっぱい好き」と暴露されたことに触れ、「生放送で何てこと言ってくれたんだ!」と怒り心頭の様子。「50歳になって身軽になったことだし(笑)」と三谷監督の離婚に触れつつ「前から行きたがってた“何とかパブ”に連れてってもらってください」と笑顔で語った。

綾瀬さんは、本作の配給の東宝ではなく、松竹での製作が発表されたばかりの主演作『ひみつのアッコちゃん』のオリジナル版主題歌で登場。三谷監督の現場での様子を思い出しながらポツリポツリと語りつつ「私はあまり三谷監督のこと知らないので、よくしゃべれないので…」とあっさりフェードアウト、いつもの天然ぶりで笑いを誘った。伊吹さんは長年出演してきた「水戸黄門」のテーマで現れ“格さん”の口調で「静まれぇ!」と一喝! 三谷監督については「現場でいつもスーツにネクタイなのはなぜ?」と疑問を口にした。

山本さんは『ステキな金縛り』で黒澤明監督の『影武者』以来となる映画出演を果たしているが、三谷監督と黒澤監督の違いについて「現場で大声を出さない。でもスタッフは怠けるわけでもなく不思議な現場でした」と語る。三谷監督によると、山本さんは監督の遠縁の親戚で「母の母の妹の娘が亘さんの奥さん」だそう。大学入学の際に山本さんからシェイクスピア全集が贈られたことを明かした。

三谷監督の5本の映画全てに出演している近藤さんは、最初に出演した『ラヂオの時間』と三谷監督脚本の『12人の優しい日本人』がいずれもヒットしたことを挙げ、「三谷さんから『縁起物としてずっと出演してもらう』と言われた」と意外な理由を告白。映画、そして舞台と長年、三谷作品に出演してきた浅野さんからは「台本が遅れるとみんな困ります」というクレームも…。

『THE 有頂天ホテル』に加え、ドラマ「合い言葉は勇気」、舞台「巌流島」とそれぞれで主演を務めている役所さんも、三谷監督の遅筆ぶりに言及。舞台の初日に台本が間に合わなかったことを明かし「あのときはほとんどの出演者が傷つきましたが、三谷さんが一番、傷ついてなかったと思う」とその図太さを称賛(?)していた。

伊東さんは往年の大ヒットギャグ「電線音頭」が流れると「やめろ! せっかく忘れようとしてるのに」と憤激。「舞台の顔合わせと読み合わせに行ったら8枚しか原稿が書けていなかった」と浅野さん、役所さんと同様に三谷さんの遅筆ぶりを強調した。

三谷監督の隠れた一面の暴露、過去の思い出など厳しいコメントが続く中、深津さんは「これからも三谷さんにしか思いつかない、三谷さんならではの作品を作り続けてください!」と笑顔で祝福のコメントを贈った。

そしてトリを務めた西田さんは「もしもピアノが弾けたなら」を歌いながら登場。「I'm fron L.A.」となぜかハリウッドスター気取りで英語でスピーチを披露しつつ、生誕50周年記念と銘打ってのイベントに対し「よくもまあヌケヌケと…」とあきれ顔だった。

三谷監督は、俳優陣からのコメントへの感謝を口にしつつ「50歳はあくまで通過点。次の50年で才能を花開かせ、さらに次の50年で歴史に名を遺します…長寿日本一で」と挨拶。さらに、深津さんと小日向さんの手で巨大なケーキが運び込まれたが、「次は51周年記念でお会いしましょう」と言う三谷監督の頭を佐藤さんが掴んで「調子に乗るな!」とケーキにグシャリ。客席は笑いに包まれた。

なお、映画の公開に合わせてフジテレビでは“秋の三谷祭”を開催。三谷監督の脚本、演出でスペシャルドラマ「ステキな隠し撮り 完全無欠のコンシェルジュ」が11月5日(土)に放送されるほか、『ザ・マジックアワー』や「古畑任三郎 FINAL」などが再放送される。

『ステキな金縛り』は10月29日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top