大人気子役の鈴木福、子ペンギンを可愛く熱演…でも好きな動物はリスザル!

最新ニュース

『ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊』アフレコの様子
  • 『ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊』アフレコの様子
  • 『ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊』アフレコの様子
  • 『ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊』アフレコの様子
  • 『ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊』アフレコの様子
  • 『ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊』アフレコの様子
  • 『ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊』アフレコの様子
人気子役の鈴木福が3Dアニメーション映画『ハッピー フィート2 踊るペンギン レスキュー隊』の日本語吹き替え版で、劇場アニメの声優に初挑戦することになり、10月19日(水)に都内のスタジオで収録を行った。

福くんは主人公の子ペンギン・エリック役。その父親であるマンブルを演じる劇団ひとりと共にスタジオに現れた福くんだったが、取材陣に囲まれての“初体験”に少々緊張した表情だ。それでも、いざ本番が始まると持ち前の役者魂を発揮し、ひとりさんとの“親子共演”は息ぴったり。ひとりさんも「本当に何をやっても器用にこなす。天才子役と言われる所以が分かる」と舌を巻くほどだ。一方、アフレコを終えた福くんは「難しかったです。画(映像)に声を合わせなくちゃいけないので」とやっと緊張が解けた様子。「ペンギンが踊ったり歌ったり、笑える面白いシーンもあるので、みんなに見てほしい」としっかりPRも忘れなかった。

今回、子ペンギンを可愛く熱演した福くんだが、取材陣に好きな動物を問われると「リスザルです。可愛いところが好き」とニッコリ。実は、福くんとひとりさんは映画『ゴールデンスランバー』(堺雅人主演)で共演経験があり「さっきもわざわざ僕の楽屋に来てくれて、『あの時はお世話になりました』って挨拶してくれたんですよ」(ひとりさん)。この日は一緒にエレベーターにも乗ったと言い「福くんが『あっ、どうぞ』って僕を先に下ろしてくれたんですよ。普通、子供って自分がワァーって先に出ちゃうでしょ? 本当にしっかりしている」と感心しきり。

そんなひとりさんは本作で父親役に初挑戦。昨年9月には第一子となる女児が誕生しており、公私ともに“パパの顔”に。福くんの才能に圧倒されたのか「うちの娘は(子役の)才能はないんじゃないかな」と控えめだったが、「もしも10何年後もAKB48があったら…。自分の娘が上位に入れなかったら、親として悲しいですけど。じゃんけん? いやいや、実力で上を目指しますよ」と親バカな野心も垣間見せた。

『ハッピー フィート2 踊るペンギン レスキュー隊』は11月26日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top