瑛太が赤ん坊を抱っこ&家族への思いを激白! 『一命』インタビュー映像到着

最新ニュース

『一命』 -(C) 2011映画「一命」製作委員会
  • 『一命』 -(C) 2011映画「一命」製作委員会
先日より公開中の3D時代劇『一命』。本作で市川海老蔵演じる主人公・津雲半四郎の娘婿であり、劇中で描かれる“事件”のきっかけを作ることになる千々岩求女(もとめ)を演じた瑛太のインタビュー映像と、撮影現場での様子を捉えた貴重なメイキング映像が到着した。

井伊家の庭先での切腹を願い出る浪人・半四郎の姿を通じて、武士として生きることの不条理、残酷さを鮮烈に描き出す本作。半四郎の行動の裏には、井伊家と求女との間に起こった悲劇があった——。

求女は妻の美穂(満島ひかり)や生まれたばかりの赤ん坊を何より大切に考える男。面目やプライドなどをかなぐり捨てても家族を守るためにある決断と行動に出るが、それが思わぬ悲劇を生むことになる。瑛太さん自身、結婚し第一子も生まれ新しい家族を手に入れたばかり。求女について「武士という身分を捨ててまで家族を守りたいというのは、僕自身にもある思い」と共感を明かすと共に「改めて、家族を大事にしなきゃと思えたり、こうして当たり前に生活できることがすごく幸せなんだなと感じてもらえたら嬉しい」と役に込めた思いを語る。

到着したメイキング映像には息子役の赤ん坊を抱っこする瑛太さんの姿も。すっかり“パパ”の顔つきで、満面の笑みを浮かべて慣れた様子で赤ん坊をあやしている。

さらに、求女の最大の見せ場である白装束をまとっての切腹シーンに関して、瑛太さんは「映画全体を通してずっと緊張感があったけど、あのシーンを撮っているときはキャラクター(求女)同様に血迷ったというか、客観的に見ている自分がいなくなった」と述懐する。「これにて腹を切らせていただく——」とまさに鬼気迫る表情で申し出る求女。普段の瑛太さんのクールなイメージとはまた違った表情を見せてくれるが、あの熱のこもった演技はまさに求女になりきった中で生み出されたもののよう。「不思議な時間がありました」と感慨深げにそのときをふり返った。

偶然ではあるが、瑛太さんのみならず海老蔵さん、満島さんという主要キャスト3人はいずれもここ最近、結婚や子供の誕生で新たな家族に恵まれており、家族への愛を強く描き出す本作にまさにピッタリだったと言えるのかも。己を捨てても大切な人を守ろうとする男の全身からあふれる“愛”を感じてほしい。

『一命』は全国にて公開中。

※こちらの特別映像はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top