【TIFFレポート】小栗旬「毎日、逃げ出したいと思ってた」と監督経験を述懐

最新ニュース

『キツツキと雨』会見にて(左から)小栗旬、役所広司、沖田修一監督
  • 『キツツキと雨』会見にて(左から)小栗旬、役所広司、沖田修一監督
  • 『キツツキと雨』会見にて
  • 『キツツキと雨』 小栗旬
  • 『キツツキと雨』 役所広司
  • 『キツツキと雨』 小栗旬
  • 『キツツキと雨』 役所広司
今年の東京国際映画祭で日本から唯一、コンペティション部門に出品されている『キツツキと雨』の公式会見が10月23日(日)に行われ、主演の役所広司に小栗旬、監督の沖田修一が出席した。

『南極料理人』が多くの支持を集めた沖田監督の最新作で、ある村にクルーを率いてホラー映画の撮影に訪れた気弱な映画監督と村の武骨なきこりの交流をユーモアたっぷりに描き出す。

映画の撮影現場を描いた作品だが、小栗さんは昨年の『シュアリー・サムデイ』で、役所さんは一昨年の『ガマの油』で共に監督デビューを果たしている。監督としての経験が本作でどのように活かされたかと尋ねられ「(自身の作品は)幸一(小栗さん)のクルーよりはまだ予算のある映画でしたが…(笑)」と役所さん。「いろんな現場を見てきたけど、(本作の)スタッフや俳優はかなりリアルに描かれていると思います。『こういうスタッフやキャストいるなぁ』と楽しんでました。現場の裏をよく知っているので、役に立ったことはたくさんあると思います」と笑顔で語った。

一方の小栗さんは「映画の中で幸一が一度、逃げ出そうとするシーンがありますが、ああいう気持ちは毎日感じてました(苦笑)。『明日、雨降ればいいのに』とか『逃げ出せないかな』と自分も感じていたのを思い出しました」と自らの役どころに強く共感できたよう。

沖田監督は独特のユーモアの発想の源を聞かれて「僕自身もよく分からないですが…」と苦笑しつつ「必死で生きている人たちの物語を作っていくと、自然に人間の持っているおかしみが脚本に乗っていくのかな。それを俳優さんたちが楽しんで演じてくださることでユーモアが生まれるのではないかと思います」と分析した。

小栗さんはそんな沖田監督について「『特に何かダメってわけじゃないんですが、もう1回いいですか』とおっしゃることがありました(笑)。きっと監督にしか分からない微妙なズレがあるんだろうと役所さんとも話してました。どうしたら『これはいい』というところに行くのか? と思いつつ、何を変えるでもなくもう1回やってました」と不思議な沖田ワールドを語った。

東京国際映画祭は10月30日(日)までの日程で六本木ヒルズほか都内各所で開催中。

『キツツキと雨』は2012年2月11日(土・祝)より公開。

特集「東京国際映画祭のススメ2011」
http://blog.cinemacafe.net/special/111020/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top