【TIFFレポート】岡田将生&原田泰造 通訳付き映画祭公式上映にハイテンション!

最新ニュース

『アントキノイノチ』舞台挨拶@第24回東京国際映画祭
  • 『アントキノイノチ』舞台挨拶@第24回東京国際映画祭
  • 『アントキノイノチ』舞台挨拶@第24回東京国際映画祭
  • 『アントキノイノチ』舞台挨拶@第24回東京国際映画祭
  • 『アントキノイノチ』舞台挨拶@第24回東京国際映画祭
  • 『アントキノイノチ』舞台挨拶@第24回東京国際映画祭
  • 『アントキノイノチ』舞台挨拶@第24回東京国際映画祭
  • 『アントキノイノチ』舞台挨拶@第24回東京国際映画祭
映画『アントキノイノチ』が10月24日(月)、東京国際映画祭で公式上映され、主演の岡田将生と榮倉奈々、原田泰造、瀬々敬久監督が舞台挨拶に登壇した。

遺品整理業者で働くことになった青年・杏平が同僚の少女・ユキとの出会いや様々な現場での経験を通じて“生”の意味を問い直し、壊れた心を再生させていく姿を描く。

英語通訳付きの映画祭での公式上映とあって岡田さんはハイテンションで「I'm Masaki Okada」と英語で挨拶。映画の内容にちなんで「いま『ありがとう』と伝えたい相手は?」と尋ねられると「すごく恥ずかしいんですが、いまここ(客席)に家族が来てるんです。いつも支えてくれてありがとう」と照れくさそうに語り、会場は温かい拍手に包まれた。

榮倉さんは同じ問いに「私は現場でいろんな人と出会うことがすごく好きなんです。だからこの作品のスタッフや関係者のみなさんに『ありがとう』と伝えたい」と思いを語った。

原田さんは「財布の中は2千円。原田泰造です!」「大好物はジャスミンティー。原田泰造です!」、「銀座・原宿・六本木〜原田泰造です!」と歌いながら自己紹介。通訳によって英語に訳されるのを聞いてご機嫌だった。

監督は3月11日の大地震で映画を作る気持ちが揺らいだことを明かしつつ「瓦礫を拾っている人の姿を見て『作らなきゃ』と思い直した」と告白。最後に、岡田さんは「難しいことは分かりませんが、この映画は人と人の繋がりを描いています。僕自身、この仕事を通じて『誰かと繋がっていたい』と思うようになりました。みなさんにも同じ気持ちになってもらえたら嬉しいです」と語り、舞台挨拶は幕を閉じた。

東京国際映画祭は10月30日(日)まで六本木ヒルズほか都内各所で開催中。

『アントキノイノチ』は11月19日(土)より公開。

特集「東京国際映画祭のススメ2011」
http://blog.cinemacafe.net/special/111020/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top