名匠が被災地に捧げる3分11秒の短編が東京初上映! ワークショップも開催決定

最新ニュース

「フォーカス・オン・アジア&ワークショップ」 -(C) 3.11 A Sense of Home Films
  • 「フォーカス・オン・アジア&ワークショップ」 -(C) 3.11 A Sense of Home Films
  • 「ふたつのウーテル」 -(C) MEGUMI TAZAKI/UNIJAPAN
  • 「663114」
  • 『波瀾万丈/Night Fishing』
『殯の森』で2007年にカンヌ国際映画祭のグランプリに輝いた河瀬直美監督の発案で、世界中の名だたる映像作家21名が、3月11日の東日本大震災の被災地に捧げるために製作した3分11秒のショートフィルムを集めた『3.11 A Sense of Home Films』。先日より開催中の「第24回東京国際映画祭」と「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」の連動企画として10月27日(木)より開かれる「フォーカス・オン・アジア&ワークショップ」において本作が上映される。同時に本イベントにおいて、山田孝之主演の『指輪をはめたい』の岩田ユキ監督が、クリエイター育成を目的としたワークショップを行うことも決定した。

『3.11 A Sense of Home Films』は、タイトルにもある“A Sense of Home(「家」という感覚)”をテーマに、「家族・ふるさと・祖国への想いを世界中の人と考えること」を目的として、河瀬監督の発案で企画がスタート。女優で監督経験も持つ桃井かおりを始め、スペインが生んだ名匠ヴィクトル・エリセに国際映画祭の常連である中国のジャ・ジャンクー、『母なる証明』、『殺人の追憶』などを手がけ日本でも高い人気を誇る韓国のポン・ジュノら21名が賛同し、それぞれが3分11秒の作品を手がけている。ポン・ジュノ監督は参加に際し「私は、自分のカメラを通して、慰めの言葉を届けられればと思いました」とコメント。震災から6か月の節目となる9月11日には、河瀬監督のホームタウンである奈良県・吉野の金峯山寺にて奉納野外上映が行われた。

「信じよう。映画の力。」をスローガンに掲げる東京国際映画祭では、今年もアジア最大級の国際短編映画祭である「SSFF & ASIA」とのコラボレーションで「フォーカス・オン・アジア&ワークショップ」を開催。東京都美術館にて10月27日(木)から10月30日(日)までの日程で行われ、『3.11 A Sense of Home Films』の東京初上映に加えて、今年の「SSFF & ASIA」の受賞作品、さらに『オールド・ボーイ』で知られるパク・チャヌク監督がiPhone4で撮影し、ベルリン国際映画祭2011にて短編映画金熊賞を受賞した『波瀾万丈/Night Fishing』なども上映される。

ワークショップは最終日の10月30日(日)に開催。スキマスイッチの楽曲「8ミリメートル」のミュージックビデオを手がけ、今年の映画祭にも出品された『指輪をはめたい』のメガホンを握った岩田監督が、映画製作のノウハウについて講義を行う。

長編映画だけでなく、ショートフィルムでも世界の錚々たる名匠たちの作品が東京に集結! 彼らが“Home”に込めた思いを体感してみては?

「フォーカス・オン・アジア&ワークショップ」は東京都写真美術館にて10月27日(木)から30日(日)まで開催。

岩田ユキ監督によるワークショップ概要

日時:10月30日(日)14:00〜18:00(予定) ※途中休憩あり
参加費:無料(※事前登録制、定員になり次第受付終了)
会場:東京都写真美術館(東京・恵比寿)
※申し込みは公式ホームページにて。

公式ホームページ:http://www.shortshorts.org/focus_on_asia_2011/ja/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top