【TIFFレポート】松田翔太、主演作上映前に「良くなかったら出てっていいです」

最新ニュース

『ハードロマンチッカー』舞台挨拶にて
  • 『ハードロマンチッカー』舞台挨拶にて
  • 『ハードロマンチッカー』舞台挨拶
  • 『ハードロマンチッカー』舞台挨拶
  • 『ハードロマンチッカー』舞台挨拶
  • 『ハードロマンチッカー』舞台挨拶
  • 『ハードロマンチッカー』舞台挨拶
  • 『ハードロマンチッカー』舞台挨拶
  • 『ハードロマンチッカー』舞台挨拶
松田翔太主演のバイオレンス・アクション『ハードロマンチッカー』が第24回東京国際映画祭の特別招待作品として10月26日(水)に上映され、松田さんを始め、共演の永山絢斗、遠藤要、渡部篤郎、主題歌「13 new ache」を歌う「黒夢」の清春と人時、メガホンを握ったグ・スーヨン監督が舞台挨拶に登壇した。

物語の舞台は潮の香りと退廃のムードが漂う山口県・下関市。在日韓国人2世の主人公・グー(松田さん)が、後輩の起こした殺人事件をきっかけに暴力団の抗争や暴走族、不良たちの暴力の連鎖に巻き込まれていくさまを激しい暴力と痛みと共に描き出す。

歓声を浴びて登場した松田さんは「こういった刺激的な作品を発表できて嬉しい。下関に住んでいる在日韓国人という役柄ですが、社会への反抗といった社会的メッセージというよりは、こういう純粋に暴力を全面に出した作品を世に出す、という点が気に入りました」と本作への強い思いをうかがわせる。主演であるにもかかわらず「(観客に)女性の方が多いですけど、あんまり良くないと思ったら(劇場を)出て行っちゃっていいと思います。バイオレンスを感じてください」と語り、会場の笑いを誘った。

永山さんも「最近、なかなか観ないような男臭いかっこいい作品。10代の頃の煮え切らない感じ、悶々とした言葉では言えない空気感が台本にあって、こういったストーリーにはこれまで参加したことなかったので、自分にとっても挑戦で楽しかった」と撮影をふり返った。

下関の刑事役の渡部さんは「唯一、私がまともな役でした(笑)」とアピール(?)。「いまもワケの分からないタイトルですが、意味を感じ取ってほしい」と語り、さらに出演のきっかけを問われると「若い人たちと会いたくて…。翔太とは家が近所でよく会うんだけど(笑)」とユーモアたっぷりに明かした。

清春さんは「主題歌を手がけた初めての映画がかっこよくて良かった。バイオレンスな作品と聞いていたので、曲もバイオレンスに」と楽曲に込めた思いを語ってくれた。

東京国際映画祭は10月30日(日)まで六本木ヒルズほか都内各所で開催中。

『ハードロマンチッカー』は11月26日(土)より全国にて公開。

特集「東京国際映画祭のススメ2011」
http://blog.cinemacafe.net/special/111020/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top