「VOGUE」編集長アナ・ウィンター来日 世界のファッショニスタと日本を応援!

最新ニュース

「FASHION'S NIGHT OUT 2011」オープニングセレモニー
  • 「FASHION'S NIGHT OUT 2011」オープニングセレモニー
  • 「FASHION'S NIGHT OUT 2011」オープニングセレモニー
  • 「FASHION'S NIGHT OUT 2011」オープニングセレモニー
  • 「FASHION'S NIGHT OUT 2011」オープニングセレモニー
  • 「FASHION'S NIGHT OUT 2011」オープニングセレモニー
  • 「FASHION'S NIGHT OUT 2011」オープニングセレモニー
  • 「FASHION'S NIGHT OUT 2011」オープニングセレモニー
  • 「FASHION'S NIGHT OUT 2011」オープニングセレモニー
ファッション雑誌「VOGUE」誌の主催による「FASHION'S NIGHT OUT 2011」(以下、FNO)のオープニング・セレモニーが、11月5日(土)に表参道ヒルズにて開催され、アメリカ版「VOGUE」の編集長アナ・ウィンターを始め、世界各国の「VOGUE」編集長やファッションデザイナー、さらに冨永愛、土屋アンナ、TAOらカリスマモデルが一堂に会した。

「ファッション、ショッピングをもっと楽しんでほしい」という願いのもとアナの呼びかけで始まった「FNO」は、昨年、一昨年と大盛況を博し、今年も例年通り9月に世界18か国で開催予定であったが、先の東日本大震災の影響を受け日本のみ11月開催の運びとなった。また、今年は3.11に沈む日本の復興支援とさらなるファッション業界の活性化を目的に、再びアナの呼びかけによりイタリア、フランス、ドイツなど世界各国の「VOGUE」編集長たち、さらには最前線で活躍する有名ブランドのトップデザイナーなど現在のファッション業界を牽引する総勢50名が日本で初集結を果たした。

彼らを一目見ようと大勢の買い物客が詰めかける中、イベントの幕開けを飾ったのは、世界を股にかけて活躍するタップダンサー・熊谷和徳。故郷・仙台に捧げるダンスを披露し、喝采を浴びた。さらに、FNOアンバサダーを務める冨永さんに土屋さん、TAOさんの3人が登場。冨永さんはその長い美脚を大胆に見せるオールインワンのショートパンツスタイルに同柄のヒールで技を効かせた衣裳で、土屋さんはルージュのドレスに編み込みヘアというビビッドなスタイルで、TAOさんは金のスパンコールがあしらわれたトップスにスリットが効いたアジアンテイストの大胆なプリントのスカートを着こなすなど、三者三様の衣裳で観衆を魅了した。

念願のイベント開催を迎え、FNO主催者のコンデナスト・インターナショナル会長、ジョナサン・ニューハウスは「今回は、災害に見舞われたこの国を支援するためにFNOを開催しました。震災直後から、アナ・ウィンターや渡辺三津子(日本版「VOGUE」編集長)にこのプランを実現できるように相談してきました。こうして世界各国のデザイン&ラグジュアリーに関わる友人たちを迎えられて本当に嬉しい。I LOVE JAPAN!」と喜びを語った。

そして、いよいよ観衆が待ちわびた各国の編集長たちが登場すると、会場の熱気は最高潮に。中でもひと際大きな歓声で迎えられたのは、アナ・ウィンター。『プラダを来た悪魔』でメリル・ストリープ演じる“鬼編集長”のモデルとして日本でも広く知られる彼女だが、この日はグレーのセットアップスーツに大きめのサングラス、そして胸元にはピンク&ゴールドのネックレスというシックな出で立ちで登場。その後、「DIOR HOMME」や「BURBERRY」などの海外デザイナー勢、さらに「ミハラヤスヒロ」や「ツモリ・チサト」、「A BATHING APE」のNIGOなどの日本人デザイナーが登壇し、世界各国のファッション界をリードする総勢50名がステージに華を添えた。彼らを代表してアナはマイクを手にすると、「ハロー、トウキョー!」と元気に挨拶。「日本にこれて本当に良かった。3年前に私がこのイベントのためにマイケル・コース(デザイナー)と来日したときは、誰も来てくれないんじゃないかと思ってましたが、たくさんの人が足を運んでくれました。今年はさらに多くの方々がこうして集まってくれたことに本当に感謝しています。今日は存分に楽しんでいって下さい」と感謝の思いを述べ、イベント開催を祝った。

FNOでは表参道、青山、原宿を中心に420店舗が参加。アパレルショップではチャリティーを目的に、FNOロゴ入りTシャツやオリジナル・バッグなどが販売され、その一部が東日本大震災の復興活動の義援金として贈られる。さらに、コスメショップなどでは特別メイクプランなども用意されており、表参道の至るところで行列ができ、「買い物を楽しんでほしい」というアナたちの思いが見事に成就された一日となった。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top