生田×吉高W主演作『僕等がいた』主題歌が、ミスチルの書き下ろし新曲に決定!

最新ニュース

『僕等がいた』主題歌を担当するMr.Children
  • 『僕等がいた』主題歌を担当するMr.Children
  • 『僕等がいた』 -(C) 2012「僕等がいた」製作委員会 -(C) 2002小畑友紀/小学館
「月刊ベツコミ」(小学館)での連載開始以来10年にわたり愛され続け、累計発行部数1,000万部を誇る小畑友紀による同名ベストセラー・コミックスを、生田斗真、吉高由里子のW主演で映画化し話題を集める『僕等がいた』。このほど、本作の主題歌が人気アーティスト、Mr.Childrenによる書き下ろしの新曲に決定した。

北海道から東京を舞台に、未来を誓い合いながらも別れを余儀なくされた主人公・矢野(生田さん)と七美(吉高さん)の壮大な純愛ストーリー。『ソラニン』の三木孝浩監督が、恋愛映画としては異例の前後篇の二部作で描き、邦画初との二部作連続で公開される。

この壮大な“青春大河”の製作にあたり、「どの曲も“青春の光と翳”が内包されているから若者だけではなく、聴く者の誰しもが“あの頃の僕等”に想いを馳せ、共感をおぼえる」(春名プロデューサー)という思いから、そして前後篇一気通貫のイメージでありながらも各篇ごとがもつそれぞれの特徴を表現できるアーティストとして、白羽の矢が立ったMr.Children。これまでも数々の映画の主題歌を手がけてきた彼らだが、今回は前篇主題歌「祈り 〜涙の軌道」と後篇主題歌、それぞれ2曲の書き下ろしを手がける。

この決定に主演の生田さんは「とてもワクワクしています。桜井(和寿)さんが描く詩や曲の世界観にいつも驚かされています。日本を代表するビッグアーティストであるMr.Childrenの楽曲と共に、青春恋愛大河『僕等がいた』の世界を楽しみにしていて下さい。学生時代、カラオケでミスチルを歌う男子はモテモテでした。主演映画の主題歌を書き下ろしていただける僕に、この先どんなモテモテ人生が待っているのでしょうか。怖いです。楽しみです」と期待のコメント。同主演の吉高さんも「Mr.Childrenさんが主題歌と伺ったときはすごく嬉しかったです。あの映画にMr.Childrenさんの曲が重なったらと、想像するといまから胸が高鳴ります。映画の完成がより楽しみになりました」と喜びの言葉を寄せている。

まばゆいばかりの初恋を描いた“出会い”の前篇、そして誓った未来を貫く“運命”の後篇と、それぞれの世界観に合わせて手がけられるこの楽曲。果たして、どのようなサウンドに仕上がっているのか? 

また、12月7日(水)17時より『僕等がいた』公式サイトでは、本作の予告編が解禁となる。ぜひこちらもチェックしてみては?

『僕等がいた』は2012年3月17日(土)より前篇、4月21日(土)より後篇の二部作にて連続公開。

『僕等がいた』公式サイト
http://bokura-movie.com
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top