役所広司、同郷の故・市川森一の思い出を語る

最新ニュース

『聯合艦隊司令長官 山本五十六 −太平洋戦争70年目の真実−』記者会見にて
  • 『聯合艦隊司令長官 山本五十六 −太平洋戦争70年目の真実−』記者会見にて
  • 『聯合艦隊司令長官 山本五十六 −太平洋戦争70年目の真実−』記者会見にて
  • 『聯合艦隊司令長官 山本五十六 −太平洋戦争70年目の真実−』記者会見にて
  • 『聯合艦隊司令長官 山本五十六 −太平洋戦争70年目の真実−』記者会見にて
  • 『聯合艦隊司令長官 山本五十六 −太平洋戦争70年目の真実−』記者会見にて
  • 『聯合艦隊司令長官 山本五十六 −太平洋戦争70年目の真実−』記者会見にて
映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六 −太平洋戦争70年目の真実−』が日本外国人特派員協会(東京・有楽町)にて12月10日(土)に上映され、主演の役所広司と成島出監督、プロデューサーの小滝祥平が記者会見に臨んだ。

戦争に反対する立場でありながら司令長官として日米開戦の口火を切ることになった山本五十六。彼の葛藤や苦悩、そしてブーゲンビル上空に散るまでの半生を描きつつ、新たな視点で太平洋戦争の姿を綴る。

「恥ずかしながら山本五十六についてこれまでほとんど知らなかった。子供の頃に、三船敏郎さんが演じている映画を観て、三船さんのイメージでした」と明かす役所さん。今回演じるにあたって「日本が間違った方向に行かないようにと、ずっと考えていた軍人。どういう喋り方をして、どういう顔で部下の話を聞いていたのか? そういうことを1カット1カット注意して演じました」と真摯に語り、「映画の力は下手な外交よりも良いものだと信じています。世界中の人々にこういう戦争があったと知ってもらいたい」と呼びかけた。

外国人記者からは日本の戦争における加害責任を問う声もあったが、小滝プロデューサーは「歴史は球体であり、光の当て方によって見方が変わる。いろんな意見があることは分かっていますが、大事なのはお互いに違うということを認識すること」と訴え、成島監督も「話し合い、語り合うことで戦争のない未来に繋げることができれば嬉しい」と語った。

同日の早朝、脚本家の市川森一さんが肺がんで逝去したことが発表されたが、役所さんと市川さんは同じ長崎県の諫早市の出身。しかも、役所さんの兄が市川さんと同級生で子供の頃から親交があったという。会見前に訃報を聞いたという役所さんは「作家としても同郷の先輩としても尊敬できる方でした」と沈痛な表情。市川さんは、先ごろNHKで放送されたドラマ「蝶々さん」など、故郷の長崎を舞台にした作品を数多く手掛けおり、役所さんは「お会いして長崎の歴史についてお伺いしたかった…。残念、がっかりです。『親戚たち』で初めて現代劇の連続ドラマに出演させていただき、代表作と言える作品ばかり書いていただきました。東京での兄代わりの存在でした」と静かに語った。

『聯合艦隊司令長官 山本五十六 —太平洋戦争70年目の真実—』は12月23日(祝・金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top