石原さとみ、シュールな新宿ゴールデン街練り歩きに笑顔!

最新ニュース

『月光ノ仮面』大ヒット祈願イベント
  • 『月光ノ仮面』大ヒット祈願イベント
  • 『月光ノ仮面』大ヒット祈願イベント
  • 『月光ノ仮面』大ヒット祈願イベント
  • 『月光ノ仮面』大ヒット祈願イベント
  • 『月光ノ仮面』大ヒット祈願イベント
  • 『月光ノ仮面』大ヒット祈願イベント
  • 『月光ノ仮面』大ヒット祈願イベント
  • 『月光ノ仮面』大ヒット祈願イベント
年明けに公開を迎える映画『月光ノ仮面』の大ヒット祈願イベントが12月12日(月)に行われ、監督・主演を務める板尾創路をはじめ浅野忠信、石原さとみ、矢部太郎(カラテカ)が新宿のゴールデン街に敷かれた“ゴールデンカーペット”の上を練り歩いた。

板尾監督にとって監督2作目となる本作。記憶を失って戦地から帰った男と、彼とかつて愛し合った恋人“森乃うさぎ”であると信じて受け入れるヒロイン、そして自分こそが本物の森乃うさぎだと主張するもうひとりの男の奇妙な三角関係が独特のタッチで描き出される。

飲み屋が並ぶ新宿ゴールデン街でこうした映画のイベントが開かれるのは今回が初めて。板尾監督らは細い小路に敷かれた幅90センチのゴールデン・カーペットを歩いたが、交通規制などは一切していないため時折、キャスト陣とカメラを持って待ち構える報道陣の間をトラックや自転車が通り過ぎるなどのハプニングも。艶やかな着物姿で登場した石原さんは「こんなシュールな経験は初めて!」と笑顔を見せた。

“勝負服”の全身白のスーツに身を包んだ板尾監督は「(カーペットの)幅が狭かったですね(苦笑)。初めてということですが、これまでにやりたいと思った人がいたのか…?」と首をかしげたが、矢部さんは「飲み屋で普通に飲んでる人が手を振ってくれた」とニッコリ。これまで国内はもちろん、名だたる各国の映画祭でレッドカーペットを歩いてきた浅野さんも「忘れられない経験になりました」と楽しんだようだった。

その後、一同は花園神社の本殿で行われたヒット祈願のお祓いに参加した。再び境内に現れたときにはすっかり日も落ち、気温もかなり下がっていたが、浅野さんは「撮影のときも寒かったです」としみじみ。

それぞれのキャスト陣の起用について尋ねられた板尾監督は「間違えられる男の話ですが、顔が似ているよりも空気感が似ている人がよかった。浅野くんは一緒に仕事したことはないけど、ひょっとして似てるのかなと思い、ずっとイメージしてました。石原さんに関しては、昭和の初期の物語ということで、和装が似合う、かわいらしさと美しさと色気がある女優といったら石原さとみしか出てこなかった」とベストの選択でイメージ通りに撮れたことに満足そうに頷いた。

さらにその後、登壇陣は“月光ノ仮面”にちなんで月見そばを食べて改めてヒットを祈願。板尾監督は「そばのように細く長く上映できれば」と映画の成功を祈っていた。

『月光ノ仮面』は2012年1月14日(土)より角川シネマ有楽町、シアターN渋谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top