ファン・ビンビン「女性扱いしてもらえなかった」と壮絶体験をふり返る

最新ニュース

『マイウェイ 12,000キロの真実』完成報告会見
  • 『マイウェイ 12,000キロの真実』完成報告会見
  • 『マイウェイ 12,000キロの真実』完成報告会見
  • 『マイウェイ 12,000キロの真実』完成報告会見
  • 『マイウェイ 12,000キロの真実』完成報告会見
  • 『マイウェイ 12,000キロの真実』完成報告会見
  • 『マイウェイ 12,000キロの真実』完成報告会見
  • 『マイウェイ 12,000キロの真実』完成報告会見
  • 『マイウェイ 12,000キロの真実』完成報告会見
韓国映画史上最大規模となる製作費25億円を投じたヒューマン戦争ドラマ『マイウェイ 12,000キロの真実』がついに完成し、12月19日(月)、都内ホテルで報告会見が行われた。出席したのは、オダギリジョー、チャン・ドンゴン、そしてファン・ビンビンという日韓中を代表する豪華なキャスト陣。さらに『ブラザーフッド』以来7年ぶりのメガホンを取ったカン・ジェギュ監督も加わり、まさにアジアが誇る才能が結集した本作をアピールした。

史上最大の作戦と言われる“ノルマンディー上陸作戦”終了後、ドイツ軍の軍服に身を包んだ東洋人が発見された。日本、ソ連、ドイツの軍服を着てアジアからノルマンディーを戦い抜くことになった数奇な運命。その裏には、オリンピック出場という共通の夢を追いながら、戦争によって引き裂かれた二人の男の友情ドラマがあった。オダギリさんは夢を捨て、絶対的な愛国心を持つ軍人としての道を選ぶ長谷川辰雄役。ドンゴンは日本軍として最前線に強制徴用されながらも、マラソン選手への夢を抱き続けるキム・ジュンシクを演じた。「2人のシーンは想像しただけで、男の自分も魅力的に感じた。戦争を描いた映画だが、女性のみなさんにも必ず楽しんでもらえるはず」とジェギュ監督は語る。

一方、空前のスケールで製作された本作で、体当たりの演技に挑んだキャスト陣はといえば、「とにかくきつかったですね。本物の戦車が行き交う撮影なんて経験したことないですし、想像を絶する…ひどい現場でした」(オダギリさん)、「ジェギュ監督とは『ブラザーフッド』以来です。撮影前は当時の経験を活かし、共演するみなさんにアドバイスしようと思っていましたが、あまりのスケールの大きさに、私の経験談も役には立ちませんでした」(ドンゴン)と男性陣も震え上がる(!?)壮絶な体験だったようだ。紅一点のビンビンは、日本軍への復讐に燃える凄腕スナイパーという役どころで「射撃やアクションの訓練に明け暮れ、女性扱いしてもらえなかった」と思わず本音をもらし、撮影をふり返った。

それだけに、オダギリさんは「とにかく観てほしい。見どころですか? 1つのシーンだけを挙げることはできないし、見どころは書かなくて結構です」と自信満々。ドンゴンも日本語で「その通りです」と胸を張る。ビンビンは当初、戦争映画への出演に躊躇もあったようだが「人間同士の愛と触れ合い、互いを思いあう心が描かれているのが、この映画の大切な点です」といまでは誇らしげな表情。2012年の幕開けを飾るにふさわしい超大作を、キャスト陣の熱意と誇り、そして苦闘を感じながらスクリーンで体感したい。

『マイウェイ 12,000キロの真実』は、2012年1月14日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top