シネマカフェ的海外ドラマvol.220 大人気「glee」の舞台裏に潜入!第4回

最新ニュース

「glee/グリー」カート役クリス・コルファー -(C) KAORI SUZUKI
  • 「glee/グリー」カート役クリス・コルファー -(C) KAORI SUZUKI
  • 「glee/グリー」カート役クリス・コルファー -(C) KAORI SUZUKI
  • 「glee/グリー シーズン2」 -(C) 2011 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
  • 「glee/グリー」カート役クリス・コルファー -(C) KAORI SUZUKI
  • クリスマス仕様の撮影現場より -(C) KAORI SUZUKI
  • クリスマス仕様の撮影現場より -(C) KAORI SUZUKI
  • 「glee/グリー」 クリス・コルファー -(C) KAORI SUZUKI
  • クリスマス仕様の撮影現場より -(C) KAORI SUZUKI
みんな大好き学園ドラマ「glee/グリー」の撮影現場に潜入! アーティ役のケビン・マクヘイルに続き、カート役クリス・コルファーのインタビューをお届けします。

みんなが大好きな「glee/グリー」の中でもさらに一番の人気キャラクター、カート。演じるクリスもゴールデン・グローブ賞助演男優賞に輝くなど、役者として大ブレイクしました。ですが、「glee/グリー」におけるカート、ひいては自らの人気ぶりにちょっとだけ戸惑っているようでもあります。

「現実とフィクションを切り離してもらえないのは、ちょっとだけもどかしいかも。僕とカートはたしかに似ているけど、ほとんどの部分で異なるからね。番組に出る以前、僕が知っていたのは『プラダを着た悪魔』のデザイナーくらいだったけど(笑)、カートはファッションが大好き。道を歩いていて、『ねえ、あなた。とても素敵よ!』なんて声をかけられることもあるけど、僕自身は“そうじゃない。カートは素敵だけど、僕はジーンズとTシャツを着ているその辺の男の子と変わらないよ!”って感じだから」。

『glee/グリー』への出演を通して最も学んだのはファッションと音楽。いまならデザイナーたちの名前もちゃんと言えるよ。でも、カートが着る服の中には、実生活で着るのは絶対に勘弁! と思える服もあるんだ(笑)」とも語るクリスは、たしかにキュートなカートというよりは、セクシーでスマートなインテリ青年の雰囲気で(それはそれで)とても素敵! 「着心地のいい服が一番。なおかつ痩せて見えたら最高」と笑うのも頷けます。

そんなクリスにとっての最大の関心事は「物語」。すでに脚本家としても活躍している彼らしい発言です。
「“物語”に対する関心は尽きないよ。テレビや映画を観たり、本を読むのが好き。自分で書くことも大好きだね。素晴らしい作品を観て、笑うのも好きだし、泣くのも好き。自分の名前も忘れてしまうほど、現実から離れて物語の世界にどっぷり浸かれる作品がいいな。以前は『デスパレートな妻たち』に夢中だったんだ。“メアリー・アリスに手紙を書いたのは誰なんだ!?”ってね(笑)。いまは『アメリカン・ホラー・ストーリー』や『ナース・ジャッキー』、それに『The Real Housewives of Atlanta』を気に入ってる」。

ところで、シーズン3における話題の一つは「マッキンリー高校を卒業したら、カートはどうなるの?」ですが、クリス自身の高校卒業はまだほんの3年前の出来事です。
「不幸なことに、僕は奨学金を貰うには親の収入が多く、大学に入るには収入が少ない生徒の1人だったんだ。そこで、まずはコミュニティカレッジに進み、その後にロサンゼルスの大学に編入するつもりだったんだけど、入学して2週間ほど経った頃に『glee/グリー』のオーディションを受けることになった。僕にとっては本当に奇跡のような出来事だったね。というのも、同世代のほかの子たちと同様、あの頃の僕は人生における恐ろしい局面を迎えていたから。夢や希望は持てても、この先に何が起こるかは分からない恐怖を抱えていたんだ」。

「あの頃の夢や希望はいまも持ち続けているよ。まだ夢や希望を達成してはいないからね!」とも力強く語るクリス。カートと個性は違えど、やはりクリスが「glee/グリー」のメッセージを象徴する存在であることに変わりはないようです。

さて、インタビューの合間を縫い、私たちはグリー部の部室へ! そこには、謎(?)のピアノマン、ブラッドさんがいつも弾いているピアノや部員たちの椅子がドラマで目にしている通りに置かれていたのですが、ちょっとだけいつもと異なるのは…、クリスマス仕様になっていること! そう、この日撮影されていたのは、12月13日に全米放映された第9話、すなわちクリスマス・エピソードだったのです。アメリカの各ドラマでは12月になるとクリスマスを題材にしたエピソードが放送されますが、今年の「glee/グリー」のクリスマス・エピソードはいままで以上に特別。と言うのも、シュー先生役のマシュー・モリソンが監督デビューを果たした回でもあるからです。…なんて、ピアノの周りにあるプレゼントの数々やクリスマスの飾り(写真参照)に興奮していると、マシュー監督本人が登場! 「やあ、いらっしゃい!」と声をかけてくれたマシュー監督はとーっても多忙なため(監督ですから!)インタビューすることはできませんでしたが、その後ちょっとだけ監督っぷりを拝見させていただくことに…。その模様は後日改めてお届けしたいと思います。

年内のコラムはこれで終了ですが、年明けもまだまだ「glee/グリー」潜入レポは続きます。次回はブレイン役のダレン・クリスが登場! 教師の家にしては豪華過ぎ!? なシュー先生の自宅セットなども見せてもらいます。



© KAORI SUZUKI

「glee/グリー シーズン2」DVD
レンタル中

<セル>
「glee/グリー シーズン2 DVDコレクターズBOX」
価格:18,480円(税込)
発売中

「glee/グリー シーズン2 ブルーレイBOX」
価格:23,100円(税込)
発売中

発売元:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

公式サイト:http://video.foxjapan.com/tv/glee/

© 2011 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
《text:Hikaru Watanabe》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top