沢尻エリカ、蜷川実花と組み岡崎京子原作『へルタースケルター』で本格女優復帰

最新ニュース

『ヘルタースケルター』 -(C) 2012映画『ヘルタースケルター』製作委員会
  • 『ヘルタースケルター』 -(C) 2012映画『ヘルタースケルター』製作委員会
  • 『ヘルタースケルター』 -(C) 2012映画『ヘルタースケルター』製作委員会
2007年に公開された『クローズド・ノート』を最後に女優としての活動を休止していた沢尻エリカが、『さくらん』で鮮烈な映画監督デビューを飾った写真家・蜷川実花の最新作で熱狂的な支持を集める岡崎京子の伝説的コミックの映画化『ヘルタースケルター』で女優業に本格復帰することが明らかとなった。

第8回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した岡崎京子の伝説的コミック「ヘルタースケルター」を原作とする本作。全身整形という秘密を抱えながら、名声や金といった欲望渦巻く芸能界でトップに君臨する女優・りりこが雄々しく生きる姿を描く。

「本作への出演を熱望してた」と公言する沢尻さんは主人公・りりこを演じる。「『この作品はきっと私にあう』と周囲が言うほど演りがいのある役なので、“実花ワールド”にどう染めてもらえるか、いまから楽しみです。現場でクリエイトしながら、ぶつかっていきたいなと思っています。気合は十分です。沢尻、女優として、ひと肌脱ぎます」と、復帰第1作への意気込みを見せている。

岡崎さんの盟友である安野モヨコ原作の映画化『さくらん』に続き、監督第2作目として本作に取り組む蜷川監督は、「『さくらん』より前から、このヘルタースケルターを映画化したいと思っていました。7、8年待ち続けました、岡崎京子さんの大ファンです。
こんなに自分の人生で何かを待ったことはなく、いまこれからクランクインできることにとても興奮しています」とコメント。さらに、「東京という街に消費されていく、人々の“欲望処理装置”としてのりりこ。女性の持つ驚くほどのか弱さと、図々しいほどのたくましさを持つこの主人公を演じられるのは、歓声と罵声を浴び続けた沢尻エリカ以外、いまのこの東京では考えられません。本当に最高のキャストと最高のスタッフが集まりました。みんなで共犯関係をつくり、私たちにしかできない映画にしたいと思っています。駆け抜けます」と沢尻さんを絶賛!

そのほか脇を固めるキャストには、芸能界の闇を暴くために奔走する検事・麻田誠役の大森南朋を始め、御曹司でりりこの恋人・南部貴男役に窪塚洋介、りりこの後輩モデル・吉川こずえ役に『ノルウェイの森』で注目を集めた水原希子、さらに綾野剛、新井浩文、寺島しのぶ、桃井かおりと豪華俳優陣が集結。そして、その誰もが蜷川作品への参加に興奮気味のようで「蜷川実花さんの作品に参加できることも岡崎京子さんのこの作品に出演できることも、非常に楽しみで興奮しております」(大森さん)、「コワイモノ見たさで参加します(笑)!」(窪塚さん)、「『希子とだったら新しいものに出会える』。その実花さんの言葉を信じて、共演者のみなさんと一緒にいい作品を作っていきたいと思っています」(水原さん)、「こんな生きにくいりりこが愛おしいです。とにかく、りりこにはひどい仕打ちを受けますが、愛を持って全力で受け止めたいと思ってます。実花ちゃんが長い期間温めてきたこの企画に参加できて嬉しいし、最高の作品になるべく努めます」(寺島さん)。さらに、原作者の岡崎さんの弟・忠さんからは「作者は、作品を通じて役者がどのようにりりこを演じるのか、大変興味を示しております。『原作に忠実に行うのも、演者の体内を通してどのように変貌するのかも、受け入れる準備は出来ている』とのことです。また、『新たな解釈での新たなりりこを見てもみたい』と」と、期待の声を伝えている。

美しくも残酷な独特の世界観で魅せる奇才・蜷川実花の新たな世界で、世の羨望・落胆・好奇、芸能界の酸いも甘いも味わった女優・沢尻エリカがどのような進化を遂げるのか楽しみに待ちたい。

1月中旬にクランクイン、2月末にクランクアップ予定の本作。『ヘルタースケルター』は、7月14日(土)より丸の内ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top