タランティーノも絶賛した衝撃作『アニマル・キングダム』、“問題家族”映像が到着

最新ニュース

『アニマル・キングダム』 -(C) 2009 Screen Australia, Screen NSW, Film Victoria, The Premium Movie Partnership, Animal Kingdom Holdings Pty Limited and Porchlight Films Pty Limited.
  • 『アニマル・キングダム』 -(C) 2009 Screen Australia, Screen NSW, Film Victoria, The Premium Movie Partnership, Animal Kingdom Holdings Pty Limited and Porchlight Films Pty Limited.
鬼才と知られる映画界の異端児、クエンティン・タランティーノ監督が個人的な感性で選ぶ“2010年の映画ベスト20”で見事3位にランクインした衝撃作『アニマル・キングダム』。本作で描かれる“問題”を抱えた一家を紹介した本編映像の一部がこのほどシネマカフェに到着した。

母の死をきっかけにある日突然、祖母の家に引き取られることになった17歳の少年・ジョシュア。だが、一見明るく温厚に見える親族たちは、強盗や麻薬売買などの犯罪で生計を立てており、ジョシュアは都会に潜む弱肉強食の“野生の王国”(アニマル・キングダム)に放り込まれる。やがて、ジョシュアもまた生き残るため、犯罪に手を染めていくのだが…。

2010年のサンダンス映画祭など世界各国の映画祭で上映され、バイオレンスと狂気を帯びた異形の家族の愛と絆を描き、観客を熱狂させた本作。今回届いた映像では、家族団らんの何気ない朝食のシーンが映し出される。母が恐怖心から距離を置いていた親族たちと暮らし始めたジョシュアが、一家と彼らの“生業”について口を開く。息子たちの全ての犯罪を黙認する祖母、強盗の常習犯である長男・アンドリュー、その親友・バリーに三男・ダレン、そして全身に刺青が入った麻薬売買人の次男・クレイグ。この朝食の風景の“何気なさ”が何よりも恐ろしいものだと気づかされた瞬間、背筋に冷たいものを感じる人もいるのでは?

犯罪一家の中に放り込まれたジョシュアは、自身もその犯罪の片棒を担がされながらも、次第に彼らとの絆を感じていくことに…。しかし、そんな“罪”で繋がったコディ一家を警察が放っておくわけもなく、捜査の手が徐々に迫り、ジョシュアは良心と家族との絆の間で板ばさみになり葛藤する。このオーストラリア発の問題作を手がけたのは、本作が長編映画監督デビューとなるデヴィッド・ミショッド。これまで短編映画で世界の映画祭を賑せてきた新進気鋭の鬼才監督だ。主人公・ジョシュアに扮するのは、本作で華々しい映画デビューを果たした新星、ジェームズ・フレシュヴィル。一家を束ねる祖母役には、昨年のアカデミー賞助演女優賞、ゴールデン・グローブ賞にWノミネートを果たしたオーストラリア演劇界の大女優、ジャッキー・ウィーヴァーが扮しており、彼女を中心にオーストラリアで活躍する個性的な面々がいびつな家族を体現していく。

“犯罪×家族愛”という、ともすれば“泣ける映画”になってしまいそうな組み合わせをあくまでもドライに仕上げた本作。劇場に足を運ぶ前に、彼らが醸しだす“何気なさ”に震えてみては? 

『アニマル・キングダム』は、1月21日(土)よりTOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館ほか全国にて公開。

※こちらの映像はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top