蜷川実花撮り下ろし! 肩出しエリカ様が挑戦的に見つめる『ヘルタースケルター』ポスター完成

最新ニュース

『ヘルタースケルター』 -(C) 2012映画『ヘルタースケルター』製作委員会
  • 『ヘルタースケルター』 -(C) 2012映画『ヘルタースケルター』製作委員会
沢尻エリカの5年ぶりの映画復帰作として注目を浴びる『ヘルタースケルター』。本作の監督であり、世界的フォトグラファーとして名を馳せる蜷川実花の撮り下ろしによる、映画の世界観が凝縮されたポスタービジュアルが解禁となった。

原作は人気漫画家・岡崎京子の伝説的コミック。全身整形により、ほとんど全てが作り物の肉体による“美”を手に入れ、トップスターに上り詰めたりりこ(沢尻さん)が、欲望が渦巻くこの世界を疾走するさまを描き出す。沢尻さんを筆頭に大森南朋、寺島しのぶ、綾野剛、水原希子、窪塚洋介に桃井かおりなど豪華キャストが蜷川監督のもとに集結した。

監督デビュー作となった『さくらん』でもその色鮮やかなビジュアルが話題を呼んだ蜷川監督。本作も「極彩色エンタテインメント」を世界観として打ち出しており、今回解禁となったポスターにも監督のコンセプトが詰め込まれている。

作り物の美を纏い、美しい化粧を施され、挑戦的な視線を投げかける裸のりりこ。彼女の手に止まる青い蝶は、原作にはない蜷川監督が映画オリジナルの表現として打ち出したもの。さなぎの期間を経て美しい蝶へと変貌を遂げた彼女を象徴する一方で、どこか儚さを漂わせる。「見たいものを、見せてあげる」は劇中の彼女のセリフであり、名声や金、欲望などあらゆるものが絡み合い、興奮と熱狂を生む芸能界を“ヘルタースケルター=しっちゃかめっちゃか”に駆け巡る彼女の意気込みと勢いを感じさせる。

センセーショナルに、エモーショナルに、スキャンダラスに——。りりこは何を見せてくれるのか? この美しいビジュアルの裏に隠された彼女の真の姿とは? 本編の完成が楽しみだ。

『ヘルタースケルター』は7月14日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top