中村昌也、女子高生に妻・矢口の名を呼ばれ苦笑

最新ニュース

『桜蘭高校ホスト部』イベント
  • 『桜蘭高校ホスト部』イベント
  • 『桜蘭高校ホスト部』イベント
  • 『桜蘭高校ホスト部』イベント
  • 『桜蘭高校ホスト部』イベント
  • 『桜蘭高校ホスト部』イベント
  • 『桜蘭高校ホスト部』イベント
  • 『桜蘭高校ホスト部』イベント
  • 『桜蘭高校ホスト部』イベント
映画『桜蘭高校ホスト部』に出演する川口春奈、山本裕典、高木心平、高木万平、中村昌也が2月17日(金)、東京・品川区の品川エトワール女子高等学校を電撃訪問! 映画にちなんで“ホスト”として女子高生たちのリクエストに応じ、願いをかなえた。

累計1,300万部を超える人気漫画を原作に、昨年の連続ドラマ化に続いてこのたび映画化が実現。スーパー金持ち高校にある“ホスト部”の美男子の面々と、ひょんなことから男子のフリをしてホストとして働くことになった少女・ハルヒが繰り広げるドタバタ劇を描く。

劇中のホスト部の部室が第三音楽室であることから、この日のイベントは音楽室で開催。映画や映像に関わる仕事に興味がある女子生徒が集められたが、当初、彼女たちには本作のプロデューサーによるトークショーとだけ伝えられていた。実際、予定通りプロデューサーによるトークと質疑応答、さらに映画の前日譚を描いたLISMO配信のドラマが上映されたが、その後、突如、山本さんらが音楽室に乱入。驚きと歓声に包まれる中、ホスト部の面々は女子高生たちにカーネーションをプレゼントした。

この日は、事前に取ったアンケートを基に「もしもホスト部があったならやってほしいこと」として山本さんらが女子高生たちに“奉仕”。「制服のジャケットを脱いで私にかけてほしい」、「ひざまずいて手を握ってほしい」、「肩を揉んでほしい」、「頭をなでなでポンポンしてほしい」、「おいしい紅茶を入れてほしい」といったリクエストに山本さんらが応じた。抽選で“お嬢様”に選ばれた女子高生たちは、人気俳優陣によるおもてなしに天にも昇るような表情を見せていた。

映画の中では王子様スマイルで女子生徒たちの頭をなでなでしている山本さんだが、報道陣に囲まれてのおもてなしには「めっちゃ恥ずかしい!」と赤面。中村さんは「山本裕典のファンだからっておれに冷たくしないで」とアピールしていたが、女子高生が「矢口!」と昨年、入籍した元「モーニング娘。」の矢口真理の名を口にすると「矢口って言うな(苦笑)! いま言ったの誰だ?」と女子高生たちに詰め寄り、教室は笑いに包まれた。

『桜蘭高校ホスト部』は3月17日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top