猫ひろし、猫神社での映画ヒット祈願に猫を抱いて登場するも実は猫アレルギー!

最新ニュース

『長ぐつをはいたネコ』ヒット祈願イベント@今戸神社
  • 『長ぐつをはいたネコ』ヒット祈願イベント@今戸神社
  • 『長ぐつをはいたネコ』ヒット祈願イベント@今戸神社
  • 『長ぐつをはいたネコ』ヒット祈願イベント@今戸神社
  • 『長ぐつをはいたネコ』ヒット祈願イベント@今戸神社
  • 『長ぐつをはいたネコ』ヒット祈願イベント@今戸神社
2月22日(水)の“猫の日”に、アニメーション映画『長ぐつをはいたネコ』のヒット祈願イベントが、招き猫発祥の神社として名高い東京・浅草の今戸神社で開催され、声優を務める竹中直人と勝俣州和が出席。さらに“猫”つながりで、カンボジア国籍を取得し男子マラソンでロンドン五輪出場を目指す猫ひろしも登場した。

世界的ヒットとなったアニメーション『シュレック』シリーズの人気キャラクター、“長ぐつをはいたネコ”ことプスの、シュレックと出会う以前の大冒険を描き出す。

竹中さんはネコ耳に尻尾までつけた衣裳でプスになりきって登場。手袋もネコ仕様で「いいオッサンがかわいいでしょ?」と笑顔を見せた。ゲストの猫さんは、本物の猫のプスプスくんを抱いて登場。「カンボジアからやって来ました、長ぐつをはいた“シュマール(※カンボジア語でネコ)”ひろしです!」と挨拶した。「(マラソンの)練習、大変でしょう」と気遣う勝俣さんに対して「ここまで走ってきました」と猫さん。ちなみに猫ひろしという名でネコキャラ、ネコ好きをアピールしてはいるものの、実は猫さんはネコアレルギーだそうで、「芸名を授かってからアレルギーになりました」と苦笑していた。

一方、いまもネコを飼っており、一人暮らしをしていた頃は多いときで12匹のネコを飼っていたという竹中さんは、猫さんからプスプスくんを受け取り「嬉しいです」と相好を崩した。今戸神社は“猫神社”とも言われ、そこかしこに招き猫が飾られている一方、縁結びの神社としても有名でこの日も多くの参拝客の姿が。竹中さん、勝俣さんは並んで参拝し、映画のヒットを祈願した。

『長ぐつをはいたネコ』は3月17日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top