瑛太「辛いことあったけどずっと一緒にいてくれた」と窪塚洋介への感謝の思い明かす

最新ニュース

『モンスターズクラブ』舞台挨拶@プレミア試写会
  • 『モンスターズクラブ』舞台挨拶@プレミア試写会
  • 『モンスターズクラブ』舞台挨拶@プレミア試写会
  • 『モンスターズクラブ』舞台挨拶@プレミア試写会
  • 『モンスターズクラブ』舞台挨拶@プレミア試写会
  • 『モンスターズクラブ』舞台挨拶@プレミア試写会
  • 『モンスターズクラブ』舞台挨拶@プレミア試写会
  • 『モンスターズクラブ』舞台挨拶@プレミア試写会
  • 『モンスターズクラブ』舞台挨拶@プレミア試写会
映画『モンスターズクラブ』のプレミア試写会が2月23日(木)に都内で開催され、主演の瑛太を始め、窪塚洋介、草刈麻有、KenKen(RIZE)、ピュ〜ぴる、豊田利晃監督が舞台挨拶に登壇した。

瑛太さんと豊田監督にとって4度目のタッグとなる本作。アメリカの連続爆弾魔“ユナボマー”の事件に着想を得て製作され、雪深い山奥にこもり爆弾を作り続け、日本社会のシステムを破壊しようとする男のドラマを描き出す。

豊田監督は瑛太さんの主演への起用について「俳優の新井浩文に電話したら横に瑛太がいて、こんな映画をやるという話をしたら『おれがやりたい』と言ってくれた」と経緯を説明。「瑛太はストイックなものを持ってるけど、それをいままで(映画で)出してないので、新たな魅力が作れると思った。瑛太で良かったです」と満足そうに語った。瑛太さんも「新井くんの横にいて良かった(笑)。やるべきものが目の前にやってくる…運命というか必然としてやって来たと思うので、それに応えたかった」と頷いた。

ちょうど1年前の2月に撮影されたが、そのさなかに瑛太さんは実父を亡くすという不幸に見舞われた。瑛太さんは具体的な言及は避けつつも「撮影中、辛いこともあったけど窪塚さんがずっと一緒にいてくれた。待合室の狭い空間で、2人とも何時間も無言の時間があったり、この人に全部話を聞いてもらいたいと思って聞いてもらったり。それで僕は救われた」と静かに、しかし力強い言葉で窪塚さんへの感謝の思いを口にした。

それに対し窪塚さんは「(瑛太さんは)すごく凛としてて、胸を張って現場に居続けた。おれだったらできない」と語り、2人の間の強い絆をうかがわせた。窪塚さんはさらに「ライヴでも感じるけど、3.11を境に僕自身の心構えが変わったとは思わないけど、世界が変わったと思う。すごい勢いで世界が変わり、古い時代がぶっ壊れていってる。この映画がそのきっかけ、爆弾になればと思っています」と力を込めた。

草刈さんは『蘇りの血』に続いての豊田作品出演となったが、監督は「男ばかりの中で“イノセンス”を感じられる女優が欲しかった。前作よりもちょっと大人になってます」と太鼓判を押す。オファーした時点で草刈さんは短期留学中だったそうだが「(オファーの話を)聞いて、速攻で『帰ろう』と思いました」と強い思い入れを明かした。

『モンスターズクラブ』は4月21日(土)よりユーロスペースほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top