『八日目の蝉』、日本アカデミー賞10部門獲得! 主演男優賞は故・原田芳雄に

最新ニュース

『八日目の蝉』 -(C)  2011「八日目の蝉」製作委員会
  • 『八日目の蝉』 -(C)  2011「八日目の蝉」製作委員会
3月2日(金)、第35回日本アカデミー賞の授賞式が行われ、成島出監督の『八日目の蝉』が最優秀作品賞を始め、監督賞、主演・助演女優賞を含む最多10部門を獲得し、圧倒的な強さを見せつけた。

角田光代の同名ベストセラー小説を原作に、『ミッドナイト イーグル』『孤高のメス』など硬派な人間ドラマを得意とする成島出監督がメガホンを取り、映画化した本作。不倫相手の子供を誘拐し育てた女性と、彼女に育てられた女性の壮絶な逃亡劇とその後の運命を描いていく。昨年G.W.に劇場公開されて以来、口コミが口コミを呼び、息の長いヒットを記録した本作だが、その壮絶なドラマを迫真の演技で魅せたのが、共に昨年は映画・TVドラマと飛躍的な活躍を見せた井上真央と永作博美。井上さんは誘拐犯の元で幼少期を過ごし、心に傷を負ったまま不倫相手の子供を宿す女性役で最優秀主演女優賞を獲得、幼い彼女を不倫相手の家庭から連れ去り、育てる女性を見事に演じた永作さんが最優秀助演女優賞を獲得した。永作さんは同役で2011年度ブルーリボン賞主演女優賞にも輝いている。

男優部門では、昨年闘病の末逝去された名俳優、原田芳雄(『大鹿村騒動記』)に最優秀主演男優賞が授与された。最優秀助演男優賞には、スマッシュヒットを記録した園子温監督による衝撃作『冷たい熱帯魚』で狂気の演技を見せたでんでんが選ばれた。

さらに、最優秀アニメーション作品賞にはスタジオジブリ作品『コクリコ坂から』、最優秀外国作品賞には昨年のアカデミー賞を総なめにし国内でも大ヒットを記録した『英国王のスピーチ』が選ばれた。

■最優秀作品賞
『八日目の蝉』

■最優秀アニメーション作品賞
『コクリコ坂から』

■最優秀監督賞
成島 出(『八日目の蝉』

■最優秀主演男優賞
原田芳雄(『大鹿村騒動記』

■最優秀主演女優賞
井上真央(『八日目の蝉』

■最優秀助演男優賞
でんでん(『冷たい熱帯魚』

■最優秀助演女優賞
永作博美(『八日目の蝉』

■最優秀外国作品賞
『英国王のスピーチ』
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top