剛力彩芽、12歳差の鈴木福との恋人役に「すごく可愛がっちゃいますね!」

最新ニュース

『マクダルのカンフーようちえん』鈴木福&剛力彩芽
  • 『マクダルのカンフーようちえん』鈴木福&剛力彩芽
  • 『マクダルのカンフーようちえん』鈴木福&剛力彩芽
  • 『マクダルのカンフーようちえん』鈴木福&剛力彩芽
  • 『マクダルのカンフーようちえん』鈴木福&剛力彩芽
  • 『マクダルのカンフーようちえん』鈴木福&剛力彩芽
  • 『マクダルのカンフーようちえん』 -(C) Bliss©SEGA
香港で国民的人気を誇るアニメーション「マクダル」シリーズの最新作で、日本、香港、中国合作で製作された『マクダルのカンフーようちえん』が今夏、日本で公開されることが決定! さらに、日本語版のボイスキャストを人気子役の鈴木福と剛力彩芽という旬の2人が務めることが明らかとなった。

原作は1991年に連載がスタートした香港の人気作家、アリス・マクの同名コミック。1997年にTVアニメ化されるや、香港の子供たちの間で大ブレイクし、2001年に公開された劇場版第一弾『マイ・ライフ・アズ・マクダル』は、香港製作のアニメ作品史上最高の大ヒットを記録し、子供から大人まで愛される国民的アニメとなった。シリーズ最新作である本作は、2009年にアジア圏を中心に劇場公開され、中国では1,200万ドルを越える、アニメーション映画としては類を見ない大ヒットを記録。お人好しで素直で、ちょっとおバカな子ぶたのマクダルが、ガールフレンドの子牛のメイを始めたくさんの仲間たちと共に中国の山奥にある「カンフーようちえん」で武術を学びながら一歩ずつ成長していく姿が、ほのぼのとした笑いと共に描かれる。

声優では初の単独出演となる福くんは主人公の子ぶた・マクダル役を、声優初挑戦となる剛力さんはマクダルのガールフレンドで子牛のメイ役を演じる。昨年の秋にアフレコ収録を行った2人は、「ちょっと難しかったです。マクダルはアリも踏めないくらい優しい男の子。話し方も僕よりゆっくりなので、いつもよりゆっくり、ニコニコで話すようにしました。香港ではすごく人気があるって聞いたので、日本でも人気が出たらいいなと思いました」(福くん)、「普段、表情や動きを付けてお芝居しているので、声だけで表現するのは本当に難しいですね。メイちゃんは幼稚園生なので、子供らしく可愛く、素直で純粋なままに演じようと心がけました。声優にもすごく興味があったので、新しいスタート、新しい道だなと思って頑張りました」(剛力さん)とコメント。劇中では恋人同士の2人だが、実際には福くんは7歳、剛力さんは19歳と、その年の差は12歳。剛力さんは「いままで一回り年上の方とお仕事する機会はあっても年下の方は経験がなかったので、最初にお話を聞いたときはすごく驚きました。でも、こんな12歳下のボーイフレンドがいたら、すごく可愛がっちゃいますね!」とまんざらでもない様子。

日本アニメ界の巨匠・宮崎駿監督(『崖の上のポニョ』)や細田守監督(『おおかみこどもの雨と雪』)も受賞経験のある、アニメ映画界の最高峰「アヌシー国際アニメーション映画祭」でグランプリを受賞した秀作とあって、“アニメ大国”日本での反応は果たして? さらに、映画公開に合わせて、主人公のマクダルがスクリーンを飛び出し、芸能事務所のオスカープロモーション所属タレントとして活動するようなので、こちらも楽しみである。

『マクダルのカンフーようちえん』は今夏、シネマート新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top