ミシェル・ウィリアムズが初来日! 純白ドレスで“現代のマリリン”を見事に体現

最新ニュース

『マリリン 7日間の恋』ミシェル・ウィリアムズ来日@ジャパンプレミア
  • 『マリリン 7日間の恋』ミシェル・ウィリアムズ来日@ジャパンプレミア
  • 『マリリン 7日間の恋』ミシェル・ウィリアムズ来日@ジャパンプレミア
  • 『マリリン 7日間の恋』ミシェル・ウィリアムズ来日@ジャパンプレミア
  • 『マリリン 7日間の恋』ミシェル・ウィリアムズ来日@ジャパンプレミア
  • 『マリリン 7日間の恋』ミシェル・ウィリアムズ来日@ジャパンプレミア
  • 『マリリン 7日間の恋』ミシェル・ウィリアムズ来日@ジャパンプレミア
  • 『マリリン 7日間の恋』ミシェル・ウィリアムズ来日@ジャパンプレミア
  • 『マリリン 7日間の恋』ミシェル・ウィリアムズ来日@ジャパンプレミア
米女優のミシェル・ウィリアムズが待望の初来日を果たし、3月13日(火)、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで最新作『マリリン 7日間の恋』のジャパンプレミアに出席した。本作で第84回アカデミー賞の主演女優賞候補となり、第69回ゴールデン・グローブ賞コメディ・ミュージカル部門主演女優賞を受賞しているだけに、ミシェル自身も作品への思いは格別。持ち前の愛くるしさに、女優としての自信と貫録が加わった満面のスマイルで、日本のファンの声援に応えていた。

ミシェルが演じるのは“世界のセックス・シンボル”として、人々を熱狂させた往年のハリウッド女優、マリリン・モンロー。年下の助監督との秘めたる恋愛を通して、彼女が世間の抱くモンロー像と、苦悩を抱える等身大の自分との間で揺れ動く姿が、切なく描かれる。

先日行われたアカデミー賞の授賞式に、「ルイ・ヴィトン」の真っ赤なドレスをまとって登場し、米ファッション誌「ヴォーグ」が選ぶ“今年のアカデミー賞”ベストドレッサー第2位に選ばれたミシェル。この日はスレンダーなボディラインを際立たせた「アレキサンダー・マックイーン」の純白のドレス姿で“21世紀によみがえったマリリン”を見事体現! 靴はヴァレンティノ。胸元を飾るのは「フォーエバーマーク」のネックレスと全体的に華やかさを演出する、さすがの“達人技”を披露してくれた。

「コンニチハ! (初来日の感想は?)サイコウ!」と日本語で挨拶し、「日本ではtea ceremony(お茶会)が楽しみ」と胸を躍らせた。そんな彼女にとって、マリリン・モンローはティーンの頃からの憧れだといい「寝室の壁にマリリンの写真を貼っていたわ。毎晩、私のことを見守ってくれたの」。それだけに、マリリンを演じることへのプレッシャーも大きかったそうで「役作りには10か月をかけたの。彼女の出演作を全部観て、本も読んだ。常に彼女の声をiPodで聞いていたわ」とふり返る。

そんなマリリンの魅力は「亡くなって50年が経ったいまも神秘的な存在である点ね。この映画は、アイコン化された彼女の下にあるパーソナルな素顔を見せてくれるはず」とアピール。年下の男性と恋に落ちるストーリーにちなみ、舞台挨拶には若手俳優・遠藤雄弥がゲスト登壇し、ミシェルにシャンパンを手渡した。

『マリリン 7日間の恋』は3月24日(土)より全国にて公開。

特集:7stepで学ぶ、マリリンstyle
http://www.cinemacafe.net/ad/marilyn/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top