ミシェルのキュートな3変化に胸きゅん! 春先取り、来日ファッションをチェック

最新ニュース

『マリリン 7日間の恋』 ミシェル・ウィリアムズ
  • 『マリリン 7日間の恋』 ミシェル・ウィリアムズ
  • 『マリリン 7日間の恋』ジャパン・プレミアにて
  • 『マリリン 7日間の恋』来日記者会見にて
  • 『マリリン 7日間の恋』 ミシェル・ウィリアムズ
  • 「マリリン ポスター回顧展」オープニングイベントにて
  • 『マリリン 7日間の恋』 ミシェル・ウィリアムズ
主演作『マリリン 7日間の恋』を引っさげ、先日待望の初来日を果たしたミシェル・ウィリアムズ。女優としての実力と存在感はもちろん、年明けから行われてきた数々の映画賞レースでは、その個性的なドレス・ファッションも女性たちの注目を集めていたが、今回の来日イベントでもそれぞれ全く異なるタイプの美しいファッションで報道陣やファンを魅了してくれた。ここでそのキュートなファッション3変化を一挙おさらい!

いわゆる“ザ・ハリウッド女優”といった綺羅びやかでゴージャスなスタイルというよりは、シンプルでワンポイントを引き立たせる上品なフェミニン・スタイルを好むミシェル。トレードマークであるブロンドのショートヘアに合わせた、どこかコケティッシュな可愛らしさを感じさせるドレススタイルは、パーティシーンで参考にしたくなるようなファッションばかり。

世界中の注目を集めた2月のアカデミー賞授賞式当日には、愛娘のマチルダちゃんが好きだというコーラル・オレンジの「ルイ・ヴィトン」のストラップレス・ドレスを見事に着こなしていたが、初来日の初イベントとなるジャパン・プレミアにミシェルが選んだのは、『7年目の浮気』のマリリン・モンローを彷彿させる「アレキサンダー・マックイーン」のドレープドレス。レッドカーペットに映える上品でエレガントな純白のドレスには「ヴァレンティノ」の靴、アクセサリーは「フォーエバーマーク」とシンプルに決め、ドレープの美しさを引き立てていた。

翌日の会見と「マリリン・モンロー ポスター回顧展」に出席した際には、前日とは打って変わって美しい「ヴァレンティノ」のコーラル・オレンジのワンピースで華やかに登場。第18回全米映画俳優組合(SAG)賞でも「ヴァレンティノ」の赤のセクシーなドレスを選ぶなど、どうやら赤系のドレスがいまのお気に入りのミシェル。前日の柔らかなドレープから、ウェストラインを強調するタイトスカートに肩のリボンが可愛らしい、キュートでスマートなスタイルに「ジュゼッペザノッティ」のヌーディ色のヒールを合わせ、春らしい装いを見せた。

さらに、同日の別会場ではロックテイストも取り入れていたミシェル。黒のニットとメタリックな「ルイ・ヴィトン」のレオパード柄のパンツに合わせていたのは、セレブ御用達のイタリアのシューズブランド「タビサ・シモンズ」のパンプス。ドレス姿とは180度異なるボーイッシュなスタイルも好感度大だ。また、ミシェルのメイクテクニックで目を引いていたのが、ピンクのリップ。白やコーラル・オレンジ、黒の装いに合わせてそれぞれ差し色としてピンクを取り入れる技はさすが! さらに薄くのせたピンクのチークとも相まって、ミシェルの可愛らしさをより一層引き立てていた。春らしさを感じさせるこのメイクテクニック、ぜひ参考にしてみてはいかが?

『マリリン 7日間の恋』は3月24日(土)より全国にて公開。

特集:7stepで学ぶ、マリリンstyle
http://www.cinemacafe.net/ad/marilyn/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top