竹中直人“ネコ役”続投に安堵「小栗くんに変わると思っていた」

最新ニュース

『長ぐつをはいたネコ』初日舞台挨拶にて
  • 『長ぐつをはいたネコ』初日舞台挨拶にて
  • 『長ぐつをはいたネコ』初日舞台挨拶にて
  • 『長ぐつをはいたネコ』初日舞台挨拶にて
  • 『長ぐつをはいたネコ』初日舞台挨拶にて
  • 『長ぐつをはいたネコ』初日舞台挨拶にて
  • 『長ぐつをはいたネコ』初日舞台挨拶にて
  • 『長ぐつをはいたネコ』初日舞台挨拶にて
  • 『長ぐつをはいたネコ』初日舞台挨拶にて
大人気シリーズ『シュレック』から飛び出した“長ぐつをはいたネコ”ことプスを主人公に迎えた映画『長ぐつをはいたネコ』が3月17日(土)、全国で封切られ、日本語吹き替え版の声優を務める竹中直人と勝俣州和が東京・新宿ピカデリーで初日舞台挨拶を行った。

無実の罪を着せられ、故郷の町を追われたプス(竹中さん)が、孤児院で育った兄弟分の不思議な卵のハンプティ・ダンプティ(勝俣さん)と一緒に大冒険を繰り広げる本作。竹中さんがプスを演じるのは『シュレック2』(’04)から数えて今回が4回目だが、プスがシュレックと出会う以前を描いているだけに「若い頃のお話だと聞いて、僕は役を降ろされて小栗くん(小栗旬)とかに変わると思っていた」と心配もあったのだとか。それだけに、晴れて“ネコ役”の続投が決まって安堵の表情だった。

一方、勝俣さんは意外にも本格的な声優は初めての体験。「アフレコの2日目までドッキリだと思っていた。まさかみなさん“ドッキリ”の看板を持っていないでしょうね」と客席に念を押し、笑いを誘った。見事な声優ぶりに、相棒・竹中さんも「初めてとは思えない」と太鼓判だ。

そこに登場したのが、本作のスペシャル応援隊長を務める子役・本田望結ちゃん。昨年、社会現象を巻き起こしたドラマ「家政婦のミタ」(日本テレビ)の次女役で注目を浴びた望結ちゃんは、ダンスユニット“長ぐつ隊”のリーダーとして、本作のプロモーションでも大活躍していた。この日は初めて竹中さん&勝俣さんコンビと対面し「すっごく会いたくて、ずっとこの日を楽しみにしていました」と挨拶。勝俣さんは「僕や竹中さんより、ずっとしっかりしている!」と感心しきりだった。

そして、望結ちゃんも念願だったという“長ネコダンス”を竹中さん、勝俣さんと一緒に披露し「竹中さんは100点、勝俣さんも100点で2人合わせて200点です!」と大喜び。「めちゃくちゃ楽しかった。息が切れちゃったけど」(竹中さん)、「僕は卵の役だったので、今日初めてネコの気持ちになれて楽しかった」(勝俣さん)と大人たちも負けじとダンスを満喫していた。さらに、共に3月生まれの竹中さん&勝俣さんに、望結ちゃんから特製“長ネコケーキ”のプレゼントも! 2人は思わぬサプライズプレゼントにメロメロになっていた。

『長ぐつをはいたネコ』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top