吉高由里子&生田斗真の“生”「好きだ、バカ!」に観客熱狂

最新ニュース

『僕等がいた』公開初日舞台挨拶にて
  • 『僕等がいた』公開初日舞台挨拶にて
  • 『僕等がいた』公開初日舞台挨拶にて
  • 『僕等がいた』公開初日舞台挨拶にて
人気漫画を映画化した『僕等がいた』の前篇が3月17日(土)に公開初日を迎え、W主演の生田斗真と吉高由里子、三木孝浩監督、原作者の小畑友紀が都内劇場で行われた舞台挨拶に登壇した。

クラスの3分の2の女子生徒を虜にするほどの魅力の持ち主である矢野(生田さん)とそんな彼に徐々に惹かれていく七美(吉高さん)。不条理な運命に翻弄されつつも愛を貫こうとする2人の姿を前後篇2部作で描き出す。

北海道から博多まで、本作のプロモーションのために全国各地を回ってきた2人だが、ようやく公開を迎えたことでいつもよりもわずかにハイテンション? うまく言葉が出てこない吉高さんをフォローするかのように生田さんは「私たち、緊張しております(苦笑)! 東京は怖いです」とおどけたが、吉高さんは「いくつの目ん玉がこっち向いてると思ってるんですか!?」と観客に逆ギレ。かと思えば「とっ散らかしてすいません」と頭を下げ、客席の笑いを誘っていた。

吉高さんはここ最近、映画のプロモーションで雑誌やテレビを賑わしてきたが「怒涛の番宣でお茶の間を騒がしてますが、ロングランが続かなければ今年はこの『僕等がいた』で吉高は見納めとなりますので、1か月でも長く公開されるようにみなさん、よろしくお願いします」と茶目っ気たっぷりに映画をアピールした。

撮影中の印象深いエピソードを尋ねると、生田さんは七美と矢野がバス停でキスをするシーンを挙げ「2人っきりでいるように見えて、道路を挟んでカメラを構えた撮影クルーがいて、さらにその後ろに200人くらい見学の人がいました。(セリフで)『誰も見てないよ』なんて言いつつメッチャ見られてました(笑)」と明かした。

映画の中で七美が矢野に言う「好きだ、バカ!」というセリフが印象的だが、この日は吉高さんのみならず、生田さんや監督も連呼。生田さんが「僕や吉高さんの舞台挨拶でのオシャレな衣裳がうらやましくなって、『僕の衣裳も持ってきてください』と僕のスタイリストに頼む監督が好きだ、バカ!」と暴露すれば、吉高さんは「酒飲めないのに私たちの話に朝まで付き合ってくれる監督が好きだ、バカ!」と告白。さらに生田さんは客席に向かって「こんな雨の中を朝早くから観に来てくださってるみなさんが好きだ、バカ!」と語り、ファンを喜ばせた。

この日は、釧路から上京した原作者の小畑さんも来場。本作の実写化が決まったときの心境について「嬉しかったしビックリしましたが、少女漫画という狭い枠でドキドキしたい10代の女の子のために書いていたつもりが、一般のところに引き出されるような怖さがありました」と述懐。一方で完成した作品については「何気なく試写会に行ったら、漫画そのものでビックリしました」と太鼓判を押した。間もなく、矢野と七美が迎える結末を記した最終16巻が発売となるが「(映画と原作で)ちょっとラストが違うので、見比べて二度おいしい『僕等がいた』を楽しんでください」とアピールした。

『僕等がいた』前篇は全国にて公開中。後篇は4月21日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top