ココリコ遠藤が自虐ネタ連発 「ドラミちゃんがポケットから出して驚いたのは離婚届」

最新ニュース

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』アフレコ収録にて
  • 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』アフレコ収録にて
  • 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』アフレコ収録にて
  • 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』アフレコ収録にて
人気TVアニメ「クレヨンしんちゃん」(テレビ朝日)の映画化20周年を迎える記念作品『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』にゲスト声優として出演する「ココリコ」の田中直樹&遠藤章造、藤井隆と土田晃之がアフレコの模様を報道陣に公開! その意気込みを明かした。

シリーズ初となる宇宙を舞台にした本作。しんのすけとひまわりの些細なケンカが地球の運命を巻き込んでの大騒動に発展! しんのすけは妹か地球の未来かという究極の選択を迫られることになるが…。

ゲスト声優の4人が演じるのは、ひまわりのお世話をするヒマワリ星の「イケメンDEイクメン」軍団の面々。いずれも“イクメン(※育児に積極的な男性)”としての一面を持つというだけでなく「クレヨンしんちゃん」のTV放送が開始された1992年にデビューしており、本作にピッタリのキャスティングとなった。

20周年ということで4人はタキシードで登場。これまでにも子供たちと一緒に「クレヨンしんちゃん」を楽しんできたことや出演の喜びを語ったが、4人の中で唯一、離婚して子供と同居していない遠藤さんが「ある事情で僕は子供になかなか会えないんですが…」と語ると、田中さん、藤井さん、土田さんは「え? 離婚してたんだ」と初めて知ったかのようなリアクションを取り笑いを誘った。

この日は、泣きじゃくるひまわりを「イケメンDEイクメン」たちが必死であやすシーンなどの収録が公開されたが、さすがプライベートでもイクメンと言われるだけあって迫真の演技! 司会を務めた着ぐるみのしんのすけからも「みんなの顔が良かったよ。そういう雰囲気を作れば声にもそれが乗るからね。あやしてるとこは最高!」と合格点が与えられた。

普段の育児に話が及ぶと藤井さんは「高い高いしたりして、できる限り遊ぶようにしてます。でもお母さん(乙葉)にはかなわないかな」とデレデレ。田中さんは「仕事が忙しくて久しぶりに帰ったら、子供から『田中さん』と呼ばれたことがあったので(苦笑)、頑張ってます!」と明かした。土田さんは上は中学生、一番下は4歳の4児のパパだが、中学生の子供については「もうかわいらしさのカケラもない」と苦笑い。「最近、おれの部屋を物色してるっぽいので『おれの部屋にエロい物はないぞ』と言ってます」と強い父親(?)ぶりを垣間見せた。

遠藤さんは、子供が泊まりに来た翌日のお弁当を作っていることを告白。元妻の千秋が「ドラえもん」のドラミ役で声優を務めているということもあり、この日のアフレコについても「ドラミより頑張りました!」とアピールするなど対抗心を露わに。さらに、しんのすけに向かって「しんちゃん、ドラミちゃんて怒ったらメチャクチャ怖いんだよ。『養育費出せ!』とか言ってくるし。いろんなものをポケットから出すけど、一番ビックリしたのは離婚届を…」と自虐ネタを次々と繰り出していた。

『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』は4月14日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top