全国のビデオショップ店員が選ぶ「ビデオ屋さん大賞」、2011年の1位は『告白』!

最新ニュース

「第2回ビデオ屋さん大賞」
  • 「第2回ビデオ屋さん大賞」
2011年一年間の間にリリースされたDVD・ブルーレイを対象に、多数の映像を見極めるプロである全国のビデオレンタル店および販売店の店員1,815人が“お客さんにオススメしたい”作品を投票する「第2回ビデオ屋さん大賞」が発表され、昨年の国内映画賞を総なめにした大ヒット作『告白』(中島哲也監督)が大賞に選ばれた。

長きにわたる歴史を持つレンタル店向け業界誌「ビデオ・インサイダー・ジャパン」と販売店向け業界誌「DVDナビゲーター」(共にキネマ旬報発行)が舵を取り、昨年初の試みとしてスタートした「ビデオ屋さん大賞」。好評を博した前回を上回る投票数のもと、2011年にリリースされたあらゆるジャンルのDVD&ブルーレイ、総数およそ4万タイトルの中からTOP100が発表された。

その中で282人の投票数を得て、今回圧倒的な強さで1位に輝いたのが、『告白』。湊かなえによる本屋大賞受賞のベストセラーを原作にした衝撃的なストーリーと中島監督独特の世界観のコラボは、興行時にも幅広い世代から高い評価を集めていたが、DVDリリース後にもその勢いが止まることはなかったようだ。同作に続き、2位にランクインしたのは、主演ナタリー・ポートマンの怪演が印象的な『ブラック・スワン』。この2作のほかにも、ダークテイストが極まった人気シリーズ最終作『ハリー・ポッターと死の秘宝(PART1〜2)』(6位)や『十三人の刺客』(9位)、『悪人』(11位)、『冷たい熱帯魚』(17位)など、人間の暗部や狂気をえぐり出すダークな世界観の映画作品が多く支持されていたのは、注目すべき傾向である。

また、映画だけでなくあらゆる映像作品を対象としているだけあり、上位にも幅広いジャンルの作品が集まったが、中でも今年はTVアニメとOVAが8本、国内TVドラマが6本と、映画以外の作品が健闘を見せた。3位には「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」、5位には「魔法少女まどか☆マギカ」と深夜枠でTV放送された大人向けアニメがランクイン。また、海外TVドラマにおいては、「glee/グリー」(10位)や「CHUCK/チャック」(19位)、「ホワイトカラー “知的”犯罪ファイル」(30位)と、新顔シリーズも高い支持を集めていた。

同賞では各作品に投票された「総得点(1人10ポイントまで)÷投票者数」を数値化し、「偏愛濃度」を発表している。その平均ポイントは2.36で、これより数値が高ければ高いほど作品への愛が強いと言えるが、4.94ポイントという高さで見事1位に輝いたのは、韓流ドラマ「検事プリンセス」。ラブコメ要素とミステリーを絡めた中毒性の高い内容に「寝る間も惜しんで見続けた!」という声が殺到した。さらに、今年の新しい試みとして、作品への投票とは別に「褒め称えたい人」を選ぶ個人賞が設けられたが、男性編では『冷たい熱帯魚』での怪演で本年度日本アカデミー賞にも輝いたでんでんが、ジョニー・デップとの接戦に勝利。女優編では、先述のナタリー・ポートマンが2位にダブルスコア近くの差をつけて圧勝した。

「ビデオ屋さん大賞」は3月26日(月)よりTSUTAYAほか全国のセル・レンタルDVD・ブルーレイ取扱い店にて店頭展開(一部店舗を除く)。

第2回 ビデオ屋さん大賞 ベスト10
※()内の数字は左から得点数、投票者数、偏愛濃度

1位:『告白』(823/282/2.92)
2位:『ブラック・スワン』(432/183/2.36)
3位:「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(400/94/4.26)
4位:『バーレスク』(327/135/2.42)
5位:「魔法少女まどか☆マギカ」(306/80/3.83)
6位:『ハリー・ポッターと死の秘宝(PART1〜2)』(297/108/2.75)
7位:『君に届け』(277/87/3.18)
8位:『八日目の蝉』(253/97/2.61)
9位:『十三人の刺客』(251/120/2.09)
10位:「glee/グリー」(244/103/2.37)

特別賞
未公開洋画・OV部門:『かぞくはじめました』
TVA・OVA部門:「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」
海外TVドラマ部門:「glee/グリー」
アジアTVドラマ部門:「検事プリンセス」
国内TVドラマ部門:「勇者ヨシヒコと魔王の城」
バラエティ部門:「アメトーーク!DVD」

個人賞
男性編:でんでん(『冷たい熱帯魚』
女性編:ナタリー・ポートマン(『ブラック・スワン』『マイティ・ソー』ほか)

「第2回ビデオ屋さん大賞」公式サイト:http://www.kinejun.com/Portals/0/videoya/

© 2010「告白」製作委員会
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top