土屋アンナがリアーナの日本語吹替に挑戦! 「低い声でよかった」と自虐まじりに喜び

最新ニュース

『バトルシップ』土屋アンナ公開アフレコ
  • 『バトルシップ』土屋アンナ公開アフレコ
  • 『バトルシップ』土屋アンナ公開アフレコ
  • 『バトルシップ』土屋アンナ公開アフレコ
  • 『バトルシップ』土屋アンナ公開アフレコ
  • 『バトルシップ』土屋アンナ公開アフレコ
  • 『バトルシップ』土屋アンナ公開アフレコ
女優、歌手など幅広い活躍で高い人気を誇る土屋アンナが、ハリウッド大作『バトルシップ』の日本語吹替え版で、グラミー賞2度受賞の歌姫リアーナが演じたレイクス役を演じることが決定! 3月22日(木)に都内スタジオで収録の様子が報道陣に公開された。

『ジュラシックパーク』や『E.T.』など映画史に残る娯楽作品を製作してきたユニバーサル映画が100周年を記念して製作した本作。ハリウッドの新星テイラー・キッチュを主演に迎え、日本からは浅野忠信も出演し、ハワイ沖でのエイリアンと世界連合艦隊の壮絶な戦いを描き出す。

リアーナ演じるレイクスは、主人公アレックス(テイラー)の部下で抜群の運動神経と度胸を誇る男勝りの軍人。アンナさんは劇中のリアーナを意識したミリタリースタイルの衣裳で登場し気合い十分の様子。この日は、レイクスとアレックスが偵察に出た先でエイリアンに遭遇するシーンの収録が公開されたが驚き、困惑の込められた「何なの、これ?」という叫びを響かせた。

これまでアニメ、実写作品共に声優は経験済みのアンナさんだが「今回の役は、自分が演じるならこういう声だろうという声でリアーナが演じていたのでやりやすかったです」と役に入り込んで演じられたよう。リアーナに関して「カッコ良くて素晴らしい」とその初演技を絶賛すると共に「ハスキーボイスでクールなのに、女性らしい甘い声が出せる。その声を演じられるというのは嬉しかったです」と喜びを語った。自身の低めの声について「高いかわいらしい声は絶対に出ない! 何でこんな声になっちゃったんだろう(苦笑)。甘えても『何?』って言われる」など自虐的に語りつつも、そうした声質だったからこそリアーナの吹き替えを担当できたことが嬉しかったようで「低い声で良かったです」と笑みを浮かべた。

記者からアンナさん自身のハリウッド進出は? と水を向けられると「英語がダメなんで」と苦笑い。それでも「人生で1回は経験してみたい。チャンスがあれば…日本語でできる役か絶叫オンリーで(笑)」と冗談交じりに意欲を語ってくれた。

『バトルシップ』は4月13日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top