女優であり愛されたいと願ったマリリン 魅惑的でキュートな入浴シーンを公開

最新ニュース

『マリリン 7日間の恋』 -(C) 2011 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.
  • 『マリリン 7日間の恋』 -(C) 2011 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.
伝説のスター、マリリン・モンローと年下青年の秘められた恋の物語を明かす『マリリン・モンロー 7日間の恋』が3月24日(土)よりいよいよ公開となる。真摯に演技に向き合う“女優”としての彼女のストイックな顔が明かされる一方で、ごくごく普通の幸せを願う一人の女性としての繊細な素顔が観る者の心をとらえる本作。その両方の素顔がうかがえるワンシーン、マリリンのセクシーでキュートな“入浴”シーンが到着した。

1956年、自らの演技力を証明するために臨んだ『王子と踊り子』の撮影のために、結婚したばかりの劇作家アーサー・ミラーと共にイギリスにやって来たマリリン。愛する人に、“マリリン・モンロー”ではなく素の自分を愛してほしい。一人の女性としての幸せを願っていた彼女だが、3度目の結婚相手であるアーサーとも異国の地ですれ違いとなり、不安と寂しさに打ちひしがれるようになり…。

こちらの入浴シーンは、絶望の中にいるマリリンの元に、彼女が心を許した第3監督のコリンが駆けつけた後のワンシーン。ついベッドで眠りについてしまったコリンは浴室から聴こえてくる麗しき歌声で目を覚ます。それはバスタブで歌う、マリリンの歌声。映画の劇中歌を練習するマリリンのセクシーな後ろ姿に、コリン同様に思わずうっとりしてしまうのだが、ふり返ったときの彼女の表情からは表舞台では見せない、“愛されたい”と願う少女の顔がうかがえる。

先日行われた試写会では、本作を観て9割以上の女性から「秘密の恋をしたくなった」との回答が集まり、一度きりの恋に真剣に向き合うマリリンの姿に、恋愛願望を刺激された人も多かった模様。「こんなにも愛されたいと思った」「“セックスシンボル”から“可愛い女性”というイメージに変わった」という共感と羨望の声から、「自分に嘘をつかないこと」をマリリンから学んだという声が寄せられていた。

仕事にも愛にも嘘をつかない彼女の姿からは、きっと学べるものが多いはず。『マリリン・モンロー 7日間の恋』は3月24日(土)より全国にて公開。

※こちらの映像はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery

特集:7stepで学ぶ、マリリンstyle
http://www.cinemacafe.net/ad/marilyn/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top