アンジェリーナ・ジョリー、オスカー授賞式後の“右脚”騒動に「興味なし」

最新ニュース

第84回アカデミー賞授賞式に脚本賞のプレゼンターとして登壇したアンジェリーナ・ジョリー Michael Yada / -(C) A.M.P.A.S.
  • 第84回アカデミー賞授賞式に脚本賞のプレゼンターとして登壇したアンジェリーナ・ジョリー Michael Yada / -(C) A.M.P.A.S.
  • 「第84回アカデミー賞」レッド・カーペット(アンジェリーナ・ジョリー) Heather Ikei / -(C) A.M.P.A.S.
先月開催された第84回アカデミー賞授賞式で、ドレスのスリットから右脚を露出した大胆なスタイルで話題をさらったアンジェリーナ・ジョリー。彼女がプレゼンターを務めた脚色賞の受賞者のひとり、ジム・ラッシュ(『ファミリー・ツリー』)は壇上で腰に手を当てて右脚を突き出した彼女のポーズを真似てみせ、その後もTwitter上で「アンジーの右脚(AngiesRightLeg)」を名乗るアカウントまで登場したが、当の本人は一連のお祭り騒ぎに全く興味がなかったようだ。

「正直言って全然気にしてなかったわ」とアンジェリーナはニュースサイト「The Huffington Post」のインタビューに笑いながら答えている。TVのワイドショーなどは見ないという彼女は「インターネット上で自分に関する記事を見つけてもクリックしないし」と語る。

パートナーのブラッド・ピットと6人の子供たち、友人たちも話題にしなかったという。「私の周囲の人々はそんな話はしない。確かに少しは耳に入ってきたけど、気にはしなかったわ。女性として自分の好きなドレスを選んで、それを着て夜を過ごした。それだけのことよ」。



Michael Yada / © A.M.P.A.S.
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top