笑顔こぼれる『ももへの手紙』サウンドトラック 沖浦監督書き下ろしジャケット公開

最新ニュース

『ももへの手紙』サウンドトラック 沖浦啓之監督書き下ろしイラスト
  • 『ももへの手紙』サウンドトラック 沖浦啓之監督書き下ろしイラスト
豊かな自然と、穏やかで優しい人々が暮らす瀬戸内の小さな島を舞台に、大切な家族の愛と絆を描く珠玉のアニメーション『ももへの手紙』が4月21日(土)より公開となる。これを記念して、4月25日(水)より発売されるサウンドトラックのジャケットを、本作でメガホンを握った沖浦啓之監督が完全書き下ろしで手がけることが決定した。

行き違いでケンカをしたまま、天国へと旅立ってしまった父への思いを拭いきれない中で、慣れない島で母と新しい生活を始めた小学6年生の少女・ももの元に訪れる、不思議な日々を描いた感動の物語。

本作のサウンドトラックを担当するのは、NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の音楽を手がけ、多方面から脚光を浴びた窪田ミナ。本作以外にもNHK「歴史は眠らない」などのドキュメンタリー番組、アニメ「ケロロ軍曹」などへの楽曲提供と多彩な活躍を見せる彼女だが、その深く幅広い音楽性で『ももへの手紙』の世界観を盛り上げる、繊細で心地よい音楽を紡ぎ出す。

「11歳の頃の私自身とももの気持ちを重ねながら丁寧に曲を書きました」という窪田さんが今回の楽曲作りで大きなテーマとしたのが、「汐島と人々の温かさと母娘のつながり」と「面白いリズムとメロディで表現する“見守り組”の妖怪たちの独特の世界観」。彼女が紡ぎ出す優しく希望にあふれるメロディを受け、さらに沖浦監督が書き下ろしたジャケットのイラストには、快晴の青空の下、楽しそうに楽器を演奏しながら行進するももと“見守り組”の妖怪たちが描かれている。完成したジャケットについて、窪田さんは「思わず笑顔になってしまう、とても素敵なジャケットです。見ているだけでなんだか音が聞こえてきそう。ももたちの絶妙なコンビネーションが伝わってきます」と喜びのコメント。温もりあふれる沖浦監督のアニメーションから生まれた窪田さんの音楽、そこから新たに生まれたたった一つのイラストをぜひ一緒に楽しんでみて。

『ももへの手紙』は4月21日(土)より全国にて公開。『ももへの手紙』オリジナルサウンドトラック(販売元:ビクターエンタテインメント/3,045円<税込>)は4月25日(水)より発売。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top