ニック・フロスト、新作引っさげ初来日!「今回のエイリアンはとてもタフだったよ」

最新ニュース

『アタック・ザ・ブロック』来日舞台挨拶にて(左から)ニック・フロスト、ジョー・コーニッシュ監督
  • 『アタック・ザ・ブロック』来日舞台挨拶にて(左から)ニック・フロスト、ジョー・コーニッシュ監督
熱狂的な人気を誇る『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』、『スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団』のエドガー・ライトが製作を手がけるSFアクション・コメディ『アタック・ザ・ブロック』を引っさげ、監督のジョー・コーニッシュと出演のニック・フロストが来日! 3月26日(月)に舞台挨拶を行い、本作の日本公開を待ちわびたファンを沸かせた。

現在開幕中の沖縄国際映画祭に赴き、その足で東京・渋谷にやってきた監督とニック。今回が初来日となったニックは「子供の頃から日本に来てみたいと思っていた。知り合いから聞いていたけど、実際に期待していた全てに応えてくれる場所だよ」と満足そうに喜びを語る。ニックと言えば、現在ロングランヒット中の出演作『宇宙人ポール』然り、宇宙人やゾンビとの共演が多いが…「今回のエイリアンはとてもタフだった。僕が演じたロンはタフな奴ではなかったけどね」と笑い飛ばした。

一方、本作で映画監督デビューを飾ったコーニッシュ監督。ロンドンの貧しい団地に住む不良キッズたちを主人公に、ある日突然、空から降ってきた無数の凶悪なエイリアンたちの襲撃に立ち向かう彼らの姿を、パンチの効いた笑いと共に描いている。元々「『エイリアン』に登場する宇宙船のように、一つの空間の中で描かれる映画が好きだった」という監督は、「ホワイトハウスのようなアメリカで有名な場所だけでいつもエイリアンの襲撃が起きることに疑問に思って、私たちが暮らしている日常であるロンドンの“団地”を舞台にすることにしたんだ」と、舞台選びのこだわりについて明かした。

舞台挨拶後、急遽サプライズで行われたサイン会では、ファンは長蛇の列を作り、写真撮影にも気さくに応じる2人のファンサービスに観客は興奮気味に劇場を後にしていた。

『アタック・ザ・ブロック』は6月23日(土)より渋谷シネクイントほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top