工藤静香「刺激を受けた」ディズニー大作の絵画コンクールで特別審査員

最新ニュース

『ジョン・カーター』絵画コンクールに審査員として出席した工藤静香
  • 『ジョン・カーター』絵画コンクールに審査員として出席した工藤静香
  • 『ジョン・カーター』絵画コンクールに審査員として出席した工藤静香
  • 『ジョン・カーター』絵画コンクールに審査員として出席した工藤静香
  • 『ジョン・カーター』絵画コンクールに審査員として出席した工藤静香
  • 『ジョン・カーター』絵画コンクールに審査員として出席した工藤静香
  • 『ジョン・カーター』絵画コンクールに審査員として出席した工藤静香
  • 『ジョン・カーター』絵画コンクールに審査員として出席した工藤静香
ウォルト・ディズニー生誕110周年を記念したスペクタクル巨編『ジョン・カーター』の公開を記念し、映画の舞台である惑星“バルスーム”を描く絵画コンクールが開催された。3月27日(火)、都内で授賞式が行われ、本コンクールの特別審査員を務めたタレントの工藤静香が出席。最優秀賞1名を始め、各賞合計6名の受賞者に賞を授与し、自身が描いたバルスームの絵画もお披露目した。

応募者が、原作小説や映画予告編を参考に自由にイメージして、バルスームを描くというコンクール。芸能活動のかたわら、画家として1990年から「二科展」に16回入選し、2010年には特選を受賞した工藤さんは、「特にお子さんの絵は、ビックリするような色使い。頭で考える前に、気持ちから入ることの大切さを教えてもらった。選ぶのは難しかったですけど…」と審査を通して、すっかり刺激を受けた様子。

最優秀賞を受賞したのは、大阪から応募した有田幸樹くん(小学3年生/9歳)で、普段から絵を描くのが好きだと言い、今回の受賞に大喜び。工藤さんも、バルスームに住む怪物をイメージした有田くんの作品を「想像力豊かで力強い」と大絶賛した。

『スター・ウォーズ』、『アバター』に多大なインスピレーションを与えたとされるエドガー・ライス・バローズの伝説的小説を原作に、ディズニー/ピクサー作品『ファインディング・ニモ』、『ウォーリー』で高い評価を受けたアンドリュー・スタントン監督が初の実写映画化に挑んだ超大作。滅亡の危機に瀕した神秘の惑星・バルスームを舞台に、未知なる力に導かれた地球人の男、ジョン・カーターが突如目覚めた身体能力を武器に、惑星の存亡を賭けた壮絶バトルを繰り広げる。「ロマンスあり、アドベンチャーあり。勇気をもらえるし、ご家族でも恋人同士でも楽しんでもらえるはず」(工藤さん)。

自身は劇中にも登場する“火星のプリンセス”をモチーフにした絵画を描き「火星ということで、絵の具に砂を混ぜてみたり。自分なりのイメージを広げた」と出来ばえに満足そうな表情だった。工藤さんの作品は4月13日(金)から、東京・丸の内ピカデリーで展示される。

『ジョン・カーター』は4月13日(金)より3D・2Dで全国にて公開。

特集:『ジョン・カーター』“胸きゅん”ポイント、徹底検証!
http://www.cinemacafe.net/ad/JC/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top