ジョセフ・チェン「ラーメンに例えると…」主演ドラマ2本をアピール

最新ニュース

ジョセフ・チェン photo:Ryo Uchida
  • ジョセフ・チェン photo:Ryo Uchida
  • ジョセフ・チェン photo:Ryo Uchida
  • ジョセフ・チェン photo:Ryo Uchida
  • ジョセフ・チェン photo:Ryo Uchida
台湾の人気俳優ジョセフ・チェンが主演ドラマ「国民英雄-X ノーカット版」「愛、歓迎します〜歓迎愛光臨〜」(共に発売中)のDVD-BOXリリースを記念に来日し、都内で取材に応じた。前者は殺人の濡れ衣を着せられた主人公が巨大な陰謀に立ち向かう社会派サスペンス。後者は人気カメラマンと平凡な少女の純愛を描くラブストーリーで「2つの作品はまったく違ったタイプです。ラーメンに例えると(笑)、『国民…』は味の濃い辛口で、『愛…』はあっさり味ですね」とユーモアを交え、アピールした。

「国民英雄-X ノーカット版」では、身に覚えのない婚約者殺害の容疑を掛けられた人気ニュースキャスター・安在勇(アン・ザイヨン)を熱演。初のキャスター役で、「フィアンセを殺され、逃亡するというのも経験がないこと。初めてづくしでしたが、その分、とても意義がある役柄だった」とふり返る。次々と追手が迫りくるというシチュエーションで、激しいアクションシーンにも果敢に挑戦。「撮影が終わり家に帰ると、体中アザだらけ。演じているときは集中しているので、まったく気づかないんです」と役者魂を見せた。

一方、「愛、歓迎します〜歓迎愛光臨〜」は題名からも想像できる通り、女子なら誰も憧れてしまう大人のラブストーリー。緑が鮮やかな夏の季節に、ヨーロッパの影響を色濃く受けた美しい青島(チンタオ)で、ジョセフ演じるカメラマンとコンビニで働く少女が、運命の出会いから奇跡のドラマを繰り広げる。「こちらは『国民…』と違って(笑)、自分の恋愛経験、特に初恋の思い出を活かしながら演じました。お互い成長のスピードが違うと、すれ違いや誤解が生まれてしまうもの。僕自身、似たような経験はしています」と少し照れくさそうなジョセフ。「観ればきっと恋愛観について考えるきっかけになるはず。ドラマチックではなくても、平凡な日々の中にこそ幸せがあると感じてほしいですね」と語った。

5月に「国民英雄-X ノーカット版」、7月には「愛、歓迎します〜歓迎愛光臨〜」の購入者を対象にした来日イベントも開催される予定。「みなさんにお会いするときは、常に『ありがとう』という気持ちを伝えたいと思っています。ただ、時間が限られているので、すべての人と十分に交流できないのが残念。次回はより多くの方と触れあうため、みなさんとはアイコンタクトだけにしようかな…。なんて、冗談です(笑)」と茶目っ気たっぷりに、ファンとの再会を楽しみにしていた。



「国民英雄−X ノーカット版 DVD−BOXI<初回限定版>&II
価格:各18,900円(税込)
発売元:リッツプロダクション/販売元:東宝
発売中
※5月20日(日)購入者イベント開催
ドラマ公式サイト:http:// EIYU.TV

「愛、歓迎します〜歓迎愛光臨〜DVD−BOX」
価格:23,100円(税込)
発売元:ワコー/販売元:東宝
発売中
※7月14日(土)購入者イベント開催
ドラマ公式サイト:http://www.aikangeishimasu.com/
《photo / text:Ryo Uchida》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top