シネマカフェ的海外ドラマvol.231 “愛され女子”になる方法って? 最終回

最新ニュース

「New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士」 -(C) 2011-2012 Fox and its related entities.All rights reserved.
  • 「New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士」 -(C) 2011-2012 Fox and its related entities.All rights reserved.
  • 「New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士」 -(C) 2011-2012 Fox and its related entities.All rights reserved.
  • 「New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士」 -(C) 2011-2012 Fox and its related entities.All rights reserved.
  • 「New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士」 -(C) 2011-2012 Fox and its related entities.All rights reserved.
  • 「New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士」 -(C) 2011-2012 Fox and its related entities.All rights reserved.
  • 「New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士」 -(C) 2011-2012 Fox and its related entities.All rights reserved.
  • 「New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士」 -(C) 2011-2012 Fox and its related entities.All rights reserved.
  • 「New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士」 -(C) 2011-2012 Fox and its related entities.All rights reserved.
海外ドラマの恋するヒロインたちを取り上げながら、“愛され女子になる方法”を徹底研究! 第4回は大注目ドラマ「New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士」のジェスに迫ります。

「New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士」『(500)日のサマー』などで知られる映画女優であり、おしゃれセレブとしても愛されるズーイー・デシャネル主演のドラマ。昨年9月に全米放送が始まって以来、高い注目と人気を集めています。

ストーリーは、ズーイー演じる主人公の教師・ジェスが同棲相手に浮気されてしまい、新居探しを余儀なくされるところからスタート。幸せな生活が崩れた絶望半分、仕方なさ半分で引越し先に選んだのが、半年前に恋人にフラれてしまったニック、自称モテ男だけど実際はそうでもないシュミットら男3人が暮らすアパートです。

ドラマ冒頭は愛され女子どころか、フラれ女子として登場するジェス。しかし、どこか天然の不思議ちゃんで、様々な騒動を巻き起こしながらも憎めないジェスに、男性陣がメロメロになるのは時間の問題!? フラれた心の傷を癒そうと『ダーティ・ダンシング』をむさぼり観るジェスと、あんぐりしながらも彼女を心配する男たち。立ち直ろうと頑張るもののちょっと方向がズレているジェスと、そんな彼女を元気づけようとする男たち。…といったように、ジェスを取り巻く男たちの姿はまさに邦題のサブタイトルにある“三銃士”で、彼らとジェスの今後が気になるところです。

また、これは演じるズーイー本人の魅力によるところが大きい気もしますが、ジェスという女の子はとにかくキュート。フラれてボロボロになってもキュート、フラれ女子としてイタイ行動に出てもキュート、そのイタイ行動でルームメイトたちを振り回してもキュート、何をやってもキュート…。現実問題として、ズーイー・デシャネルの魅力はズーイーにしかないものですから、彼女のキュートさを見習って自分のものにするのはなかなか高度なテクを要しそうではありますが、“フラれてしまってもめげずに頑張る”という行動は愛され女子になる方法の近道ではあるのかも。「めげずに自分なりの方法で頑張る→けれども頑張りきれずに隙を見せてしまう→その隙が放っておけない魅力として男子の目に映る」という構図が、“隙あり”天然女子のジェスと男たちの間に成立しているのではないでしょうか。

ちなみに、ズーイー自身はドラマ開始後の昨年11月に「デス・キャブ・フォー・キューティー」のボーカル、ベン・ギバードと2年の結婚生活を経て離婚。現在、次なる恋に向かっているかどうか…は分かりませんが、作品を通して、大勢の人たちをメロメロにしているのは確かです。



「New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士」
4月22日(日)よりFOXにて放送開始
公式サイト:http://tv.foxjapan.com/fox

© 2011-2012 Fox and its related entities. All rights reserved.
《text:Hikaru Watanabe》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top