浅野忠信の「米海軍よりも自衛隊の方がキレイ」発言に監督が慌ててフォロー!

最新ニュース

『バトルシップ』艦上来日記者会見@空母ジョージ・ワシントン
  • 『バトルシップ』艦上来日記者会見@空母ジョージ・ワシントン
  • 『バトルシップ』艦上来日記者会見@空母ジョージ・ワシントン
  • 『バトルシップ』艦上来日記者会見@空母ジョージ・ワシントン
  • 『バトルシップ』艦上来日記者会見@空母ジョージ・ワシントン
  • 『バトルシップ』艦上来日記者会見@空母ジョージ・ワシントン
  • 『バトルシップ』艦上来日記者会見@空母ジョージ・ワシントン
  • 『バトルシップ』艦上来日記者会見@空母ジョージ・ワシントン
  • 『バトルシップ』艦上来日記者会見@空母ジョージ・ワシントン
映画『バトルシップ』の記者会見が4月2日(月)、日本初の試みとしてアメリカ海軍の横須賀基地内の空母ジョージ・ワシントンの甲板上で開催! 来日中のテイラー・キッチュにリアーナ、アレクサンダー・スカルスガルド、ブルックリン・デッカー、ピーター・バーグ監督、そして日本から本作に参加した浅野忠信が出席した。

ユニバーサル映画100周年を記念して製作された本作。世界各国の海軍の合同演習がハワイ沖で行われる中、謎のエイリアンが来襲。テイラー扮する若き海軍士官や浅野さん演じる自衛官のナガタらが協力して未知なる敵に立ち向かう。

甲板上に整列した水兵たちに迎えられてテイラーらは会見場に登場。テイラーはネイビーたちを前に「この映画のために実際にパールハーバーのベースキャンプに足を運び、みなさんの真の姿を見てその活動の素晴らしさを感じました。また6か月に及ぶ撮影の間も日々、みなさんとその家族が犠牲を払いながら我々のために頑張ってくださっているということに影響を受け続けていました。こうしてここでみなさんの前に立つことができて嬉しく思います」と敬意を込めて感謝の思いを語りかけた。

海軍オタクとして知られる監督も甲板上での会見に興奮気味。「本物のネイビーたちが映画館に足を運んだときに『これは違うよな』と思ってほしくなかった。『そうそう、こういう風なんだよ!』と思ってもらえるように、評論家よりもネイビーたちの存在を念頭に置いてこの映画を作りました」と映画をアピールした。

本作で女優デビューを果たしたリアーナは運動神経抜群の海軍の女性兵士を演じたが、居並ぶ本物の兵士たちを前に「みなさんのようなレベルで演じられたかは分かりませんが…」と照れくさそう。それでも撮影について「最高の体験でした。もちろん緊張もしたし、挑戦を受けて立つ気持ちもあったけど、撮影初日から監督がいきなり台本にないシーンを撮るって言い出したの(笑)。ナーバスになる暇もなかったわ」と楽しそうにふり返った。そんなリアーナについて浅野さんは「歌手として活躍されているだけあって存在感がありました。自然と説得力があって、僕が見たときは出来上がった海軍の兵士に見えてすごいなと思いましたね」と初挑戦とは思えない演技力を称賛した。

浅野さんにとっては昨年公開された『マイティ・ソー』に続いて2作目のハリウッド挑戦。日本への凱旋を果たし感慨もひとしおの様子だった。ハワイでの撮影に入る前には役作りのために実際に自衛隊の基地を見学したそうだが、米軍と自衛隊の違いについて問われると「怒られるかもしれませんが(苦笑)」と前置きしつつ「日本とアメリカで同じような艦を見学しましたが、日本人の方は真面目なのか、ものすごくキレイですね。決してアメリカの艦が汚いわけじゃないんですが(笑)、ところどころにコーラの缶が挟んであったりして違いを感じます」と正直に語り、テイラーやリアーナらも爆笑していた。監督からは「アメリカの艦もとてもクリーンだけど、日本の艦は本当に本当に本当にクリーンなんだよ!」とのフォローも入り、会場は笑いに包まれた。

『バトルシップ』は4月13日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top