大泉洋、新作ドラマ「スープカレー」でAKB・峯岸みなみと料理番組を担当?

最新ニュース

ドラマ「スープカレー」 -(C) 2012「スープカレー」製作委員会
  • ドラマ「スープカレー」 -(C) 2012「スープカレー」製作委員会
  • ドラマ「スープカレー」 -(C) 2012「スープカレー」製作委員会
北海道放送の創立60周年を記念して製作された連続TVドラマ「スープカレー」(HBC・TBSにて放送)が完成し、4月3日(火)、北海道・札幌のホテルで会見が行われた。本作に出演する、北海道で絶大な人気を誇る劇団ユニット「TEAM NACS」のメンバー(森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真)に加えてチーフプロデューサーの泉雄貴、演出チーフの木村好克監督が登壇した。

若かった頃の夢や理想を心の中に小さく灯しながらも、40代を迎えてしまった男たちの現実との葛藤、友情や家族愛などをそれぞれに独立した5つのストーリーで描き出す。総監修を『踊る大捜査線』シリーズなどで知られる本広克行が、脚本の監修を『アンフェア』シリーズの原作者・秦建日子が務めるなど、60周年記念にふさわしい力作となっている。

待望の完成を迎えた木村監督は「総監修の本広さんから合格をもらい、やっと完成にこぎつけました」と感慨もひとしお。また、TEAM NACSのメンバーの口からも「体力的にとてもきついロケで、メンバーの中で唯一徹夜ロケを敢行しました」(戸次さん)、「家族を大切に思う姿は見てくださる人の気持ちを優しく、温かく、幸せにすると思います」(音尾さん)とそれぞれに完成した喜びや見どころが語られた。

一方、大泉さんは「AKB48」の峯岸みなみ扮する料理経験ゼロのタレントをアシスタントに「スープカレー」という番組を率いる料理研究家・五十嵐を演じたが、役柄への思い入れや今後の抱負を語るのかと思いきや「台本はもらったのですが、その内容はほとんどがスープカレーのレシピで、芝居はアドリブが多くてドラマを撮ったというよりは、峯岸さんと“料理番組を作った”という感じでした(笑)」と撮影秘話を明かし、飄々とした語り口で会場の笑いを誘った。

ドラマ「スープカレー」(1話30分/全10話)は、HBCにて4月13日(金)より毎週金曜24:20〜放送(初回は24:45〜/第2回は24:35〜)、TBSでは4月16日(月)より毎週月曜深夜26:04〜放送。

公式サイト:http://www.soupcurry-drama.jp/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top