祝20周年!フランス映画祭、6月開催決定 オープニング作品は『最強のふたり』

最新ニュース

「20th アニバーサリー フランス映画祭」
  • 「20th アニバーサリー フランス映画祭」
  • 『最強のふたり』 -(C)  2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP
1993年よりスタートし、毎年数多くの最新フランス映画を紹介してきたフランス映画祭。今年で記念すべき第20回目を迎える本映画祭が6月21日(木)より有楽町朝日ホールにて開催されることが決定した。さらに、オープニング作品として昨年の東京国際映画祭でサクラグランプリを受賞した『最強のふたり』が上映されることが決まった。

ここでしか観れない未公開作から注目の話題作まで、選りすぐりのフランス映画の上映、さらに来日キャストやスタッフたちによるイベントが長きにわたり映画ファンに愛されてきた本映画祭。記念すべき20回目のオープニングを飾る『最強のふたり』は、感動の実話を基に、車いす生活を送る富豪と彼の介護のためにやってきた黒人青年の間に芽生える友情をユーモアたっぷりに描いた注目作。フランス本国では1,900万人を超える動員を記録し、国民の3人に1人が劇場に足を運ぶ社会現象を巻き起こしており、国境を超えてお隣り韓国でも公開2週間で100万人の動員突破という大ヒットを記録している。日本では9月に公開を控えているが、前述の受賞という太鼓判もあり本映画祭での反響も期待されるところ。

映画祭の開催に先立ち、ユニフランス・フィルムズ代表のレジーヌ・アチョンド氏からは「第20回目のフランス映画祭を日本で開催できることを大変嬉しく思います。この20年は、映画や夢や感動にあふれていました。フランス映画祭が日本のみなさまとの出会いを果たしてから20年、フランス映画はいつもみなさまの情熱や愛ある歓迎に感嘆し、感動に満ちて日本を旅立つのです」と喜びのメッセージ。フランス映画の“今”を代表する監督や俳優、女優たちに代わって「20年続く奇跡的な出会いを果たしにやってきます」と宣言している。

アニバーサリー・イヤーをどんな作品、人々が彩ることになるのか? 今後のラインナップ発表を楽しみに待ちたい。

20th アニバーサリー フランス映画祭
日程:6月21日(木)〜6月24日(日)
会場:有楽町朝日ホール(有楽町マリオン11F)、TOHOシネマズ 日劇<レイトショーのみ>(有楽町マリオン9F)
映画祭公式サイト:http://unifrance.jp/festival/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top