前田敦子、外国映画の魅力を熱弁!「夢を持つきっかけになると思う」

最新ニュース

「一般社団法人外国映画輸入協会」発足50周年記念式に出席した前田敦子
  • 「一般社団法人外国映画輸入協会」発足50周年記念式に出席した前田敦子
  • 「一般社団法人外国映画輸入協会」発足50周年記念式に出席した前田敦子
  • 「一般社団法人外国映画輸入協会」発足50周年記念式に出席した前田敦子
  • 「一般社団法人外国映画輸入協会」発足50周年記念式に出席した前田敦子
  • 「一般社団法人外国映画輸入協会」発足50周年記念式に出席した前田敦子
  • 「一般社団法人外国映画輸入協会」発足50周年記念式に出席した前田敦子
  • 「一般社団法人外国映画輸入協会」発足50周年記念式に出席した前田敦子
  • 「一般社団法人外国映画輸入協会」発足50周年記念式に出席した前田敦子
世界各国の映画を日本に普及させることに尽力してきた一般社団法人外国映画輸入協会(外配協)の発足50周年記念式が4月11日(水)、都内で開催。外国映画を世に伝えることに貢献してきた人物を表彰する外国映画ベストサポーター賞に「AKB48」の前田敦子と政治学者の藤原帰一が輝き、授賞式に出席した。

外配協は戦後、GHQの主導で始まった外国映画の配給に対し、日本国内資本の輸入配給業者が世界各国からより広く作品を輸入しようと活動を開始。1962年に社団法人として正式に結成された。藤原さんは大学で教鞭を取る傍らで、雑誌での映画評論活動などを行なっており、最近では朝日新聞出版より「これは映画だ!」を上梓。前田さんも外国映画好きとして知られ、自身のブログなどで鑑賞した映画を紹介するなどしている。

藤原さんは辛口の映画評論で知られるが「筆が走った部分はお詫び申し上げます」と神妙な顔つき。年間での映画鑑賞本数は「200本を切っちゃってます。200本はひとつの水準だと思うので…すいません」と苦笑を浮かべたが、「夜の11時にDVDを観始めて出来が良ければ午前1時には気持ちよく眠れるんですが、良くないと口直しにもう1本観てしまう」と衰えぬ映画への熱い“愛”を垣間見せた。

前田さんは受賞について「びっくりです!」と目を丸くするが、仕事の合間やメイクの間に少しずつDVDを観るなどして、週に5本以上も鑑賞することもあるとか。「外国映画には夢がいっぱい詰まってる。絶対に劇場で観るようにしてます」と笑顔で語った。自身も女優として活動するだけあって「撮られる側の考えについても思いを巡らしながらどう撮ったのか? とか考えながら観てます」と明かす。最近ではオスカーを争った『ヒューゴの不思議な発明』『アーティスト』などを観たそう。若い世代が外国映画を観なくなったと言われて久しいが、藤原さんも「これで一安心。僕ものんびり隠居できます」とホッとした表情で語った。

オススメの映画を問われた藤原さんが「大学の先生として」と前置きした上で『市民ケーン』('41)や『黒い雨』('89)、『裁かるるジャンヌ』('28)などの古典の名作を挙げ、さらに『カサブランカ』のハンフリー・ボガートとイングリット・バーグマンの目線のやり取りについてまで熱く語り始めると、前田さんが「まだ観てないので絶対に観ます!」と宣言する一幕も。自分と同じ若い世代に向け「夢を持つきっかけになると思います」と外国映画の魅力を熱く訴えていた。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top