第21回日本映画批評家大賞“映画の町”調布市で授賞式を華々しく開催

最新ニュース

「第21回日本映画批評家大賞」授賞式
  • 「第21回日本映画批評家大賞」授賞式
  • 「第21回日本映画批評家大賞」授賞式
  • 「第21回日本映画批評家大賞」授賞式
  • 「第21回日本映画批評家大賞」授賞式
  • 「第21回日本映画批評家大賞」授賞式
  • 「第21回日本映画批評家大賞」授賞式
  • 「第21回日本映画批評家大賞」授賞式
  • 「第21回日本映画批評家大賞」授賞式
第21回日本映画批評家大賞の授賞式が4月13日(金)、東京・調布グリーンホールで行われ、主演男優賞を受賞した三浦友和、助演女優賞を受賞した宮本信子らベテラン勢から、新人賞を獲得した剛力彩芽と前田敦子(AKB48)ら若手までが顔を揃え、受賞の喜びを語った。同賞は故・水野晴郎さんを発起人として1991年に設立されたもので、今回は日活撮影所を始め、数多くの映画関連企業がある“映画の町”調布市での開催となった。

『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』で主演男優賞を手にした三浦さんは、「こういう名誉ある賞をいただくと、自ずと新人のつもりで俳優を続けなければという思いになる。60歳になり、改めて人生を見つめ直すいま、これからの人生を映画に捧げることができれば」と賞の重みを噛みしめた。「伊丹(十三)作品はすべて日活撮影所で撮りました」と語るのは『阪急電車 片道15分の奇跡』で助演女優賞を受賞した宮本さん。また、『星守る犬』に出演し、審査員特別演技賞に輝いた西田敏行は「小学5年生のときから、スクリーンに映る側に行きたいなと思っていた」と映画少年だった幼少期を語り、“夢”を実現させた現在の状況に、感無量の表情を浮かべていた。

一方、初々しさが印象的だったのが、新人賞を受賞した剛力さんと前田さん。家族の絆の再生を描いた『カルテット!』での演技が高く評価された剛力さんは「いただいた賞を新たなスタートとして、頑張りたい」と満面の笑みを見せた。それでも撮影前には、東日本大震災の影響で、ロケ地となった千葉県・浦安は液状化の被害を受け「こんなときに映画を撮っていていいのか悩んだし、私に何ができるのか考えていた。でも実際には浦安のみなさんに勇気づけられた…。これからはお芝居を通して、私が浦安や全国のみなさんに笑顔や元気を届けられれば」と熱っぽく抱負を語った。

前田さんは『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』に主演し新人賞をゲット。「まだまだ(映画について)知らないことや、努力したいことがたくさんあるので、ひとつでも多く吸収して、後悔しないようにしたい」と決意のコメント。所属する「AKB48」からの卒業を発表している前田さんにとって、やはり女優業は今後の大きな目標のようだ。

<受賞一覧>

作品賞:『大鹿村騒動記』
監督賞:成島出(『八日目の蝉』
新人監督賞:三宅喜重(『阪急電車 片道15分の奇跡』
主演男優賞:三浦友和(『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』
主演女優賞:大竹しのぶ(『一枚のハガキ』
助演男優賞:片岡愛之助(『小川の辺』
助演女優賞:宮本信子(『阪急電車 片道15分の奇跡』
新人賞(小森和子賞):剛力彩芽(『カルテット!』)、前田敦子(『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』
審査員特別演技賞:西田敏行(『星守る犬』ほか)
映画音楽アーティスト賞(日野康一賞):辻井伸行(『神様のカルテ』
ゴールデングローリー賞(水野晴郎賞):北大路欣也、蟹江敬三、白川和子、山本陽子
ダイヤモンド賞:浅丘ルリ子
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top