“ありえない”ほど楽しい! マペットたちが歌う、大ヒット曲カバーシーンを初公開

最新ニュース

『ザ・マペッツ』 -(C) Disney Enterprises,Inc.All Rights Reserved.
  • 『ザ・マペッツ』 -(C) Disney Enterprises,Inc.All Rights Reserved.
愛らしい魅力で笑いと感動を届ける“マペット(操り人形)”たちが大活躍するミュージカル・ファンタジー『ザ・マペッツ』が5月19日(土)より公開となる。数々の名曲や懐かしの楽曲がふんだんに使用されている本作で、マペットたちが歌って踊るシーロー・グリーンの「フォゲット・ユー」とスターシップの「シスコはロック・シティ」の2曲の音楽シーンがこのほど到着した。

舞台は、人間と“マペット”たちがごく普通に共存する、ちょっと不思議な“ありえない”世界。かつて一世を風靡したマペット集団“ザ・マペッツ”が元カリスマスターでカエルのカーミットを中心に再び集結し、さらに結婚間近の人間のカップル、ゲイリーとメアリーの2人との友情に支えられ、ハリウッドのショービジネス界に挑んでいく——。

本年度アカデミー賞で主題歌賞に輝いた、人間のゲイリー(ジェイソン・シーゲル)とマペットのウォルターが「自分は人間なのか? マペットなのか?」という葛藤を歌い上げたロック系バラード「マン・オア・マペット」や、50年代のミュージカルを彷彿とさせる「ライフ・イズ・ア・ハッピー・ソング」など、映画『ザ・マペッツ』にとって音楽は最大の魅力のひとつとなっている。今回、初公開となる音楽シーンは、シーロー・グリーンの大ヒットナンバー「フォゲット・ユー」を歌うマペッツたちのショーのワンシーン。ニワトリたちが軽快な歌声とダンスを披露する究極のエンターテイメントシーンに仕上がっている。また、スターシップの代表曲「シスコはロック・シティ」のシーンも初公開! 再起を賭けるマペットたちが名曲にあわせて、自分たちの劇場をノリノリで掃除をする姿が生き生きと描かれており、実に楽しい。

そのほかにも、TV「マペット・ショー」で人気を博した挿入歌「マナマナ」、映画『マペットの夢みるハリウッド』でカーミットが歌い、79年度アカデミー賞主題歌賞にノミネートされた「レインボウ・コネクション」といった懐かしの楽曲も本編では登場。思わず席を立って踊り出してしまいたくなるほどに楽しい音楽シーンを、まずはこちらの映像でチェックしてみて。

『ザ・マペッツ』は5月19日(土)より全国にて公開。

※こちらの予告編はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top