向井理VS香里奈のバトル勃発? 「女性は陰険」「何かあったの?」と舌戦

最新ニュース

『ガール』舞台挨拶@完成披露試写会
  • 『ガール』舞台挨拶@完成披露試写会
  • 『ガール』舞台挨拶@完成披露試写会
  • 『ガール』舞台挨拶@完成披露試写会
“女子のバイブル”として発行部数40万部を突破する奥田英朗の同名人気小説を映画化した『ガール』の完成披露試写会が4月24日(火)、東京・文京区のTOKYO DOME CITY HALLで開催され、主演の香里奈を始め、吉瀬美智子、板谷由夏、上地雄輔、林遣都、波瑠、向井理、檀れい、深川栄洋監督という豪華なメンバーが顔を揃えた。

広告代理店で働き“おしゃれ命”を信条に生きる主人公・由紀子(香里奈さん)、大手不動産会社で管理職に就くも、年上の男性部下に翻弄される聖子、老舗文具メーカーに勤務する独身の容子(吉瀬さん)、自動車メーカーに勤めるシングルマザーの孝子(板谷さん)。それぞれに生きづらさを抱え、揺れ動く4人の女性が人生を輝かせるべく奮闘するガールズムービーだ。なお、聖子を演じる麻生久美子は、出産を控えているため、この日の完成披露試写会は欠席。

香里奈さんは「観れば明日からも頑張ろうと思える作品。いろんな世代や立場の女性が登場するが、きっとどこかに『あっ、自分がいる』と思ってもらえるはず」とアピール。吉瀬さんも「どこか共感できる」と“女性力”をアップさせる本作に太鼓判を押す。一方、「男性も新しい女性の一面を発見してもらえれば」(向井さん)、「今回、僕は“超イケメン”役で、実際ウソみたいにモテます(笑)」(林さん)と男性陣も負けじと本作をPRしていた。

そんな中、劇中の台詞にある「100回生まれ変わったって、私は100回とも、女がいい」にちなんで、「次に生まれ変わるなら、どっち?」の質問にキャスト陣はそれぞれ持論を展開。向井さんが「男性ですね。女性は大変そうだし、この映画を観て余計そう思った。それに女性って陰険じゃないですか? 女子会とかもどうなんですか…。ちょっと怖い」と思わず本音が…。すると香里奈さんは「何か過去に嫌な思い出あったの?」と即ツッコミ! 2人の“舌戦”に会場は大盛り上がりだった。

ちなみに、吉瀬さん、板谷さん、波瑠さん、檀さんは揃って「次も女性がいい」。一方、香里奈さんだけは「取材でもよく聞かれる質問で、周りからも『女性がいいって言え』と言われるんですが、私は男がいいですね。男の人が何を考えているのか知りたいので」とコメント。男性陣は向井さんを始め、上地さんと林さんも「男性がいい」と答えていた。

『ガール』は5月26日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top