真田広之は撮影以外でもよき“先生”? ドラマ「リベンジ」主演女優が初来日

最新ニュース

「リベンジ」来日記者会見にて
  • 「リベンジ」来日記者会見にて
  • 「リベンジ」来日記者会見にて
  • 「リベンジ」来日記者会見にて
  • 「リベンジ」来日記者会見にて
  • 「リベンジ」来日記者会見にて
  • 「リベンジ」来日記者会見にて
  • 「リベンジ」来日記者会見にて
  • 「リベンジ」来日記者会見にて
アメリカで昨年9月より放送されており、現在BS新チャンネル「Dlife」にて好評放送中の人気海外ドラマ「リベンジ」主演のエミリー・ヴァンキャンプが来日! 第9話にゲスト出演している真田広之も凱旋帰国を果たし、4月25日(水)に揃って都内で会見に出席した。

自分の家族を崩壊に追い込んだ者たちに主人公エミリー・ソーンが復讐を果たしていくという物語で、現代女性版「モンテクリフト伯」とも言える作品。真田さんは第9話で謎の日本人投資家・サトシ・タケダ役でゲスト出演しており、巨大な資産を持つだけでなくエミリーに復讐の手ほどきをするという重要な役どころとなる。

エミリーは初来日だが、実姉が日本在住ということで親しみを感じていたようで「姉にいろいろ連れて行ってもらいました。ショッピングしたり、散策したり、鎌倉にも行きました。まだ数日あるので日本を楽しみたいと思います」と満面の笑みで語った。

劇中では豪華絢爛なドレスを始めファッションも見どころだが「私自身は普段はカジュアルな格好が多いので、ドラマであんな素敵な服を着せてもらえるのは嬉しいわ。でもドレスは決して着やすい服とは言えないから、撮影が長くなると『あぁ、スウェットに着替えたい!』って思うこともあるわ(笑)」と飾らない素顔を覗かせる。

真田さんにとっては「LOST」に続いての海外ドラマ出演だが、「LOST」のスタッフが集う本作への出演について「正直、『LOST』が終わってもうドラマに出ることはないかと思ってたんですが、一緒に仕事をした仲間に声をかけてもらえるというのは嬉しかったです。どういう展開になるか分からないいまま飛び込んでみました」と語る。

劇中、タケダはエミリーに復讐の手ほどきのみならず、日本語や武術までもを教える“先生”とも言える立場だが、エミリーは「武術のシーンでは私が完璧にこなせるようにとリードしてくださいました。撮影以外でも日本語を教えてくれたり、プライベートでも先生と生徒という関係でした」と絶大な信頼を寄せているよう。

真田さんは「“プライベート”というのは、現場のカメラが回っていないところでという意味ですよ、残念ながら(笑)」とユーモアたっぷりに断りつつ、エミリーについて「(ドラマの)放送を見て、その資質や素晴らしさは分かってましたが、想像以上に役を作り上げる情熱や責任、力強さを感じました。厳しいシチュエーションのシーンが多いですが、撮影以外ではジョークが好きで笑顔が印象的です。ギリギリまで少しでもうまくやりたいという意識が強い、優秀な生徒です」と称賛した。

また、アメリカのドラマ作りの現場の日本との違いについて真田さんは「時間やお金の使い方、それにケータリングのお菓子の多さなどは違いますね(笑)。映画なのかTVなのか分からなくなるときがあります。繰り返し撮影を行うので、それは俳優にとっては負担も大きいですが、厳しくもありありがたいことでもあります。そういう意味でうらやましくもあり、嬉しくもあり、また悔しくもあり複雑な思いです。でもものづくりへの思いやスタッフの情熱は日本も負けてないと自信も持っています。いい形でミックスさせていけたらいいと思います」と語った。

最後にエミリーと真田さんは鏡割りを行ない、日本での本作のヒットを祈願。ここでもエミリーは真田“先生”の指導を受けつつ、笑顔で何度も木槌を振り上げていた。

「リベンジ」はBSチャンネル「Dlife」にて放送中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top