小栗旬&岡田将生、『宇宙兄弟』興収30億円も射程圏内のロケットスタートに浮き足立つ!

最新ニュース

『宇宙兄弟』初日舞台挨拶
  • 『宇宙兄弟』初日舞台挨拶
  • 『宇宙兄弟』初日舞台挨拶
  • 『宇宙兄弟』初日舞台挨拶
800万部を超える大人気コミックを実写映画化した『宇宙兄弟』が5月5日(土・祝)に公開初日を迎え、主演の小栗旬、岡田将生、中野澪、中島凱斗と原作者の小山宙哉、森義隆監督が舞台挨拶に登壇した。

本作は、幼い頃に夢見た宇宙飛行士になるために奮闘する努力型の兄・ムッタと、天才肌の弟・ヒビトの姿を描いた壮大な兄弟ドラマ。原作コミックは現在も「週刊モーニング」(講談社刊)誌上で連載中だが、映画はオリジナルのエンディングを迎える。

全国322スクリーンで封切となり、興行収入30億円も見込めるロケットスタートを切った本作。その報せは小栗さん、岡田さんの耳にも入っており、2人とも「浮き足立ってます!」と挨拶。試写会などでの反応をふり返った小栗さんは、「岡田くんには申し訳ないけど、『これは小栗旬が支えた映画だね』と言ってもらった。いつもは『ダメだ』と言う父にも、『面白かった。すごく良かった』と言われた」と上機嫌で明かし、観客の笑いを誘った。

さらに、こどもの日にちなみ、宇宙をイメージした青の羽織袴で登壇した小栗さんに対し、宇宙服をイメージしたオレンジの羽織袴で登壇した岡田さんは「『笑点』にこのまま出られそう。正直、着るまで似合うか不安だったんですけど、似合ってますか?」と自虐的なコメント。小栗さんに「今日は月面からじゃなくて、チャーザー村から来ましたね」とからかわれ、顔を真っ赤にして大笑いした。

そんな浮き足だった2人とは対照的に、小栗さんの子供時代を演じた中野くんは「撮影は1年前だったので、声も変わって身長も伸びちゃいましたが、もじゃもじゃは健在です。かつらじゃなくて、地毛です」と堂々たる挨拶。すると、岡田さんの子供時代を演じた中島くんも「映画は面白かったですか?」と観客に語りかけるなどして、小栗さんたちを「映画同様、小ムッタ、小ヒビトに支えられた舞台挨拶になっちゃった」と反省させた。

一方、会場の日劇で十数年前にチケットもぎりのアルバイトをしていたという森監督は「登壇する側として帰ってこれて感慨深い。撮影が予定されていたのが震災の一週間後からだったので、撮るべきなのか悩みながらも物語と向き合ってきた。こうして観てもらえるだけで嬉しい」と感無量。この日も締切に追われ寝不足だという小山さんが、「漫画は静止画だけど、頭の中には映像がある。“監督は僕の頭の中を知っているのか?”と思うぐらいイメージ通りだった」と、その手腕を絶賛すると嬉しそうな表情を見せた。

そして最後に、小栗さんが「子供たちも観に来てくれて嬉しい。ヒゲの生えた娘さんのいる知り合いにも観に来てほしい」と語ると、客席からお笑いコンビ・トータルテンボスの藤田憲右さんと大村朋宏さんが「ヒゲ生えてなくね!?」と乱入。「宇宙兄弟」とコラボレートした「味の素」のCMやテレビ番組などで共演したことから小栗さんが招待したためで、小栗さんから「ニセ宇宙兄弟です」と紹介されると「なんで監督は僕らを起用してくれないのかと。でも、本編を観て、僕らでは無理だったと分かった」と悔しがり、会場を盛り上げていた。

『宇宙兄弟』は全国東宝系にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top