クジラが世界を動かした!? 『だれもがクジラを愛してる。』予告編映像を公開

最新ニュース

『だれもがクジラを愛してる。』 -(C) 2012 UNIVERSAL STUDIOS.All Rights Reserved.
  • 『だれもがクジラを愛してる。』 -(C) 2012 UNIVERSAL STUDIOS.All Rights Reserved.
今年に入ってから婚約を発表し、現在第1子を妊娠中と報じられているドリュー・バリモアの注目の最新主演作『だれもがクジラを愛してる。』が今夏、日本で公開される。『50回目のファーストキス』や『そんな彼なら捨てちゃえば?』など数多くの恋愛作品でチャーミングな魅力を振りまいてきた彼女の新たな一面を覗かせる本作の予告編映像がいち早くシネマカフェに到着した。

ドリューが演じるのは、アラスカの氷海に閉じ込められた3頭のクジラを救うべく奔走する環境保護団体職員のレイチェル。元恋人で地方テレビ局のリポーター兼ディレクターのアダム(ジョン・クラシンスキー)が報じたニュースを聞きつけ、現場にやってくる。クジラを助けたいという彼女の切なる思いと行動力は多くの人々を動かし、やがてこのニュースは国境を超えて世界的なニュースとなっていく。

1988年10月、アラスカ・バロー岬沖で実際に起きたクジラ救出事件の実話からインスパイアされて誕生した本作。日本はバブルに沸いており、アメリカはソ連との冷戦終結に向けて動き出していたレーガン政権下、いまのようにまだインターネットで簡単に世界の情報にアクセスできる時代ではなくテレビや新聞、そして始まったばかりの衛星放送などのマスコミ情報によってニュースが伝えられる時代。そんな時代に、地方局で放送された1本のニュースが瞬く間に全米で注目を集めた。時同じくして情報合戦が過熱化をたどっていく中、会社のイメージアップを図る石油採掘会社に、大統領選への利用を企てるホワイトハウス、視聴率を狙うTV局など、時代に翻弄される人々の思惑がこの救出劇に絡み合っていく模様が、こちらの予告編映像からも見てとれる。

そして、複雑な人間模様が渦巻く中、レイチェルは決死の覚悟である行動に出ることに…。クジラ救出のゆくえ、それに関わる人々のドラマのゆくえとは?

『だれもがクジラを愛してる。』は7月14日(土)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて順次公開。

※こちらの映像はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top