アンジー、サラエボ名誉市民となった喜びをビデオ・メッセージで伝える

最新ニュース

UNHCRの活動で単身エクアドルを訪れたアンジェリーナ・ジョリー -(C) Crystal Pictures/AFLO
  • UNHCRの活動で単身エクアドルを訪れたアンジェリーナ・ジョリー -(C) Crystal Pictures/AFLO
3日(現地時間)、サラエボ名誉市民の称号を授与されたアンジェリーナ・ジョリー。残念ながらサラエボ国立劇場で行われたセレモニーへの出席は叶わなかったが、ビデオ・メッセージでボスニアの人々に感謝の言葉を贈った。

昨年、監督・脚本を務めた『In the Land of Blood and Honey』(原題)で90年代のボスニア紛争を舞台に、セルビア人兵士とボスニア人女性の恋を描いたアンジーだが、同作によってボスニア・ヘルツェゴビナ、サラエボ紛争の真実を世界に伝えた努力が、サラエボ議会に認められた。

アンジーは「名誉市民という称号を授与してくださったサラエボ市民のみなさん、サラエボ議会のみなさんに深く感謝します。この素晴らしい場所の一員になれたこと、私が心から敬愛する住民の方々に仲間入りできたことをとても誇りに思います。今夜、みなさんと一緒に出席したかった。7月にまた訪問しますので、そのときに改めて感謝の言葉をお伝えしたいと思っています」と語りかけた。



© Crystal Pictures/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top