久々に共演の高良健吾&吉高由里子 「計算してない」「寄りかかれる」と互いを絶賛!

最新ニュース

『横道世之介』撮影報告会見
  • 『横道世之介』撮影報告会見
  • 『横道世之介』撮影報告会見
  • 『横道世之介』撮影報告会見
  • 『横道世之介』撮影報告会見
  • 『横道世之介』撮影報告会見
  • 『横道世之介』撮影報告会見
  • 『横道世之介』撮影報告会見
吉田修一の同名人気小説を原作とした映画『横道世之介』の千葉県内での撮影の模様が5月6日(日)、報道陣に公開され、撮影後には主演の高良健吾、吉高由里子、沖田修一監督による記者会見が行われた。

1980年代後半、東京で大学生活を送る横道世之介(高良さん)の青春の日々をユーモラスに描き出す本作。3月のクランクインから都内各所や吉田さんの母校である法政大学内、川越、横須賀、下田、さらに吉田さんの出身地で劇中の世之介の故郷でもある長崎でもロケが行われた。

この日、撮影されたのは世之介がガールフレンドでやや浮世離れしたお嬢様の与謝野祥子(吉高さん)の実家を訪れるシーン。世之介が緊張しつつ祥子の両親と対面する場面や、改めて世之介と祥子が付き合っているということを確認する場面がカメラに収められた。時代はちょうどバブル景気が始まった1987年で、祥子の父は残土業社の社長。広い応接間にはビリヤード台、虎や鹿の剥製(はくせい)、西洋騎士の甲冑などが飾られているなどゴージャスな作りに。そんな中でちょっぴりとぼけた世之介が緊張しつつも祥子の両親と会話を交わすさまや、互いに照れながらも世之介と祥子が「好き」と気持ちを伝え合う様子が撮影された。

高良さんと沖田監督は「青梅街道精進旅行」、『南極料理人』『キツツキと雨』に続き4度目のタッグとなるが、主演作品はこれが初めて。高良さんは「本当に楽しいです。現場に来るのが楽しいし、休みをもらうと“僕がいない間にどんな撮影をしてるんだろう”って不安になる」と現場への愛着を語る。

吉高さんと高良さんの共演は『蛇にピアス』以来、約5年ぶりとなるが、高良さんは吉高さんについて「計算しながらやってない。予定調和になりたくないし、そういう思いでやってるので楽しい」と語る。この日の撮影でも吉高さんが「…です」という語尾を「…だす!」と力強く言ってしまい、高良さんが吹き出す一幕もあり「(セリフを)噛むのなら我慢できますが、『だす』とか言われるのは苦手です」と思い出しながらまた笑っていた。

一方の吉高さんは「以前やった作品(『蛇にピアス』)と真逆の作品で、前向きな高良さんを見るのは初めてです。何でも打ち返してくれるので寄りかかれる感じがします」と信頼を口にした。

沖田監督も「僕も高良くんに寄りかかってるひとりです」とニンマリ。2人の芝居について「目の前に芝居する場があればそれに合わせて面白いものを見せてくれる。考えていること以上にやってくれる」と称賛を贈る。

80年代後半という時代については「僕は小学生のときから『(週刊少年)ジャンプ』を読んでますが、昔の『ジャンプ』が現場に置いてあったりすると『こんな風だったんだ』という感じで面白い。(80年代は)楽しそうですね」と高良さん。吉高さんは「80年代は全然知らないですが、なんか懐かさを感じる風景に触れています」と笑顔を見せた。好景気にわく当時の空気や現代とは違い携帯電話がないため自宅に電話するカップルの様子も描かれており、高良さんは「携帯の存在ってデカイですね」とポツリとつぶやいた。

沖田監督は本作で描き出す世之介の青春を「誰にでもあったこと」と語り「世之介という大学生の男の子の気持ちに映画が乗っていけば、時代は違うけど“分かる分かる”となってもらえると思う」と静かに思いを語った。

『横道世之介』はまもなく5月9日(水)にクランクアップ予定で、その後、編集などを経て公開は2013年を予定している。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top